【書評】バナナの知られざる現状 『甘いバナナの苦い現実』石井正子 編著/アリッサ・パレデス/市橋秀夫/関根佳恵/田坂興亜/田中滋/野川未央著〈2021年9月19日号より〉

コモンズ 2020年 2500円+税 いしい・まさこ/ありっさ・ぱれです/いちはし・ひでお/せきね・かえ/たさか・こうあ/たなか・しげる/のがわ・みお

 私たちが最も多く食べている果物がバナナであるということにまず驚く。

 日本人のソウルフルーツであるりんごやミカンではないのだ。何故なのだろうか。

 1982年、日本人が当たり前のように食べているバナナが巨大資本と多国籍グループによって搾取された生産者の上に成り立っていることを明らかにした『バナナと日本人』(鶴見良行著)は私たちに衝撃を与えた。日本では生協組織などを中心に、安心―誰もが命を脅かされない環境で生産されていること、安全―危険な農薬まみれでないことを目指し、現地生産者と連帯しつつ数々の困難に直面しながらフェアトレード運動を展開してきた。あれから40年、事態は改善しただろうか?

 安いから、手軽だからと見て見ぬふりをしてきた私たちに7人の研究者が厳しい現実をつまびらかにする。フィリピン・ミンダナオ島でどのように栽培されているか、バナナ産業で働く人たちの過酷な現実、農薬散布の実態、多国籍アグリビジネスの形成、再編、戦略、バナナが食卓に届くまでの供給網の徹底解剖。そして現在、有機栽培やフェアトレードバナナは1%に満たない。売られている99%はドール(伊藤忠)、スミフル、デルモンテなど多国籍企業によるもの。農薬の使用状況や環境に対する影響、労働者の待遇など産地の情報を得られない。公開しないのだ。コーヒー、紅茶、カカオ、サトウキビ、綿のプランテーションも同じだという。

 それでも、フェアトレードから生まれた「認証ラベル」の手法は大企業も真似をして、またラベルの濫用をも引き起こしている。ということは消費者の目は無力ではない。著者は消費者にエシカル(倫理的)な視点を提案している。ただ安い、清潔だけでなくその背景にも目を凝らしてと。

 りんごやミカンは季節や天候によって価格は変動し手に入らないこともある。日本の農家さんのことを思えば高くなることもある。遠くフィリピンで作られるバナナはいつでも安く手に入る。私たちはバナナを食べたいのではなく食べさせられているのだと思わずにはいられない。(なかしまのぶこ 元図書館員)

(東京民報2021年9月19日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  2. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  3.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…
  5. アクセス数、記事トップ10 ① 「住民追い出す道路やめて」 品川区 29号線裁判が弁論終結 …

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る