【書評】競争社会と自己責任 『ひきこもっていても元気に生きる』高井逸史/藤本文朗/森下博/石井守 編著〈9月19日号より〉

新日本出版 2021年 1870円(税込み)たかい・いつし/ふじもと・ぶんろう/もりした・ひろし/いしい・まもる

 「ひきこもり」「不登校」といえば若年層の問題と捉えがちですが、内閣府の2018年の調査によると、ひきこもり状態にある人は、40~64歳までの中高年層で61万人(推計)、若年層54万人、合わせて115万人と日本社会の大きな問題です。

 「不登校」「ひきこもり」というと、怠けているとか甘えていると捉えられがちです。しかし、当事者やその家族、関係者はそうした見方の中でつらい思いをしています。この考えの根底には「学校へ行くのは当たり前」「働くのは当たり前」という考えがあり、「当たり前のことができていない」という劣等意識が強く働いています。そのため、外に出られるように、学校に行けるように、会社に行けるようにと働きかけることになります。ひどい場合は「プロの引き出し屋」が法外な費用を家族に請求したうえで、当事者を暴力的に家から引き出し精神科病院に入院させる人権侵害のケースまで出現しています。

 本書は、「怠け・甘え」とした考えを否定し、現代社会が「極端な競争社会」となり「強い者」がその他の者を圧迫するありようが学校・職場・地域社会、あるいは家族の中にさえ生まれていることを指摘しています。「自己責任」の強要に追い詰められつらくなった人が、自分を守るため「ひきこもる」しかなくなっているのが現状ではないかと指摘しています。

 大切なのは何を望んでいるのかの理解に努め、当事者が元気になるように支援することです。そのためには、多様な生き方があることを許容し当事者が楽に楽しく生きられることを尊重すべきと主張します。また、本書は当事者や家族が孤立することなくさまざまなグループや支援組織の力を借りるよう、多くの地域の事例や活動を紹介しています。さらに、精神科医療との関係や自殺予防にも目配りしています。

 近年は、「ひきこもり」への理解や対応も進みつつあります。しかし、長期間にわたるひきこもりが家族に生まれた場合、支援する家族は経済的にも大変です。さらに幅広い支援が望まれます。(フリーライター・松原定雄)

(東京民報2021年9月19日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 1面2面3面4面 【1面】 都知事選 土台築いた「共闘」さらに 市民と野党が合同会議(2…
  2.  都知事選(7月7日投開票)では、駅前や人が集まる場所で、一人や少人数でプラカードを持ち、訴える「…
  3.  公職選挙法の前身となる普通選挙法は、1925年に制定されました▼納税額の要件をなくし、25歳以上…
  4. 累計の署名数を示すパネルを持ち記念撮影する参加者=11日、千代田区  被爆者や文化人、宗教者…
  5.  JR昭島駅の北側に広がる緑豊かなゴルフ場跡地に、中国資本の大手物流不動産デベロッパー「日本GLP…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る