〈一分9月26日号〉 自民党総裁選は、4氏の争いとなり、29日に投開票を迎えます▼コロナ対策の検査拡大や、経済格差の是正など…

 自民党総裁選は、4氏の争いとなり、29日に投開票を迎えます▼コロナ対策の検査拡大や、経済格差の是正など、一部、耳あたりの良い政策も競う4候補。いずれも、安倍・菅政権のもとで、閣僚や自民党役員を務めてきた人物で、この9年間の政治への反省の言葉もないまま、表紙をかえるとアピールしても政治の中身は変わりようがありません▼総裁選ではむしろ、「アベ政治」へのすり寄りも目立ちます。政治の私物化の象徴とも言える森友問題についてほとんどの候補者は再調査を明言していません。改憲には4候補とも、推進の姿勢をあらわにしています。異論を排除する「安倍一強」に染めあげられ、国民のなかにある多様な意見を吸収する力を失っている自民党の姿が見えてきます▼安保法制強行成立から6年となる19日の国会前では、オンライン配信を交えた総がかり行動実行委員会の集会が開かれました。市民と野党の代表から、野党4党が合意した共通政策で、総選挙で政治を変えようという決意の言葉が相次ぎました▼共闘の出発点となった安保法制の廃止と立憲主義の回復は、安倍・菅政治の根本的な転換への道でもあります。6年間にわたり草の根から積み上げてきた共闘の力が、総選挙の鍵を握っています。

(東京民報2021年9月26日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  憲法9条を守る運動のシンボルとして、府中市にも「9条の碑」をつくろう―。40年目を迎えた「けやき…
  2.  「年収200万円で家族を養えますか。値引きシールが貼られるまでお肉は買えません」―自治体で働く会…
  3.  ひきこもり支援を標榜する“引き出し屋”に暴力的対応を受けた原告男性(30代)が自身の医療保護入院…
  4. 情報公開の期間延長について、文書を示して質す池川都議=21日、都議会  各会計決算特別委員会…
  5. 公営企業決算特別委員会で質疑に立つ和泉都議=14日、都議会  公営企業会計の決算特別委員会(…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る