東京外環道 陥没事故 補償、工法きちんと示して 笠井、宮本氏ら ネクスコらに聞き取り〈10月3日号より〉

 昨年10月以来、調布市つつじヶ丘地域周辺では、東京外かく環状道路の大深度地下トンネル工事による地表の陥没事故や巨大地下空洞の相次ぐ発見に続き、家屋などへの亀裂をはじめとする異変が相次いでいます。日本共産党の笠井亮、宮本徹両衆院議員と山添拓参院議員は9月24日、国交省とNEXCO東日本に聞き取りを実施。これまで複数回に渡り、降雪の対応を理由に参加を拒んでいたNEXCO(高速道路会社)東日本は初の参加でした。

 聞き取りには当該地域住民や共産党調布市議らも参加。事前に渡した質問事項への回答を聞きました。

繰り返す「公表できない」

 NEXCO東日本はトンネル工事で発生した地盤の緩みに対する地盤改良工事について、「一部住宅の除却(取り壊し)なしには施工は不可能」と公表しています。しかし、対象や補償の基準、移転・買い取りの進捗状況も非公表で「個別に説明する」としているため、「自分の家が一時移転なのか、買い取り移転対象なのかわからない」との不安が地域で広がっています。こうしたことから「近所のコミュニティが壊されている」と訴える住民も少なくありません。

陥没事故から約1年経ち初の聞き取りに参加したNEXCO東日本に対してただす(前列左2人目から)宮本、笠井、山添の各氏=9月24日

 この日の聞き取りでもNEXCO東日本は工事に伴う物件の移転・補償の範囲を明らかにすることを拒み、「個別に誠意をもって対応する」と強調。約1000世帯を個別に訪問していると語りました。住民が求めている陥没事故以来の調査データの全ての公表については、「ホームページに掲載してある」として、一部データの公表には後ろ向きの姿勢に終始しました。

 さらに住民が地盤改良工事の工法についてたずねると「検討中につき公表できない」と繰り返し、不安と怒りをかいました。ある住民は「居住する住宅が気に入っているために、一時移転して戻れた際に同じ家を建てて欲しいと施工した大手住宅メーカーの職員に話した人がいる。地盤や地質なども変わるので、同じものは建てられませんと言われ落胆している」との被害者の声を紹介。他の住民の「(工法によっては地質の変化により大切にしてきた)庭木も元に戻せないこともある」「情報不足により移転の判断ができない」など、トンネル工事による被害についても訴えました。

早急な説明求める

 また、進行し続ける現地付近での家屋などへの被害についても、「地域を区切り、補償に差をつけるのはおかしい」とし、徹底的な情報公開と併せて早急に丁寧な対応を求めました。

 笠井衆院議員は「住民の訴えに、かみ合った回答をしていない」とNEXCO東日本を批判し、国交省職員に対して対応の改善を要求しました。宮本衆院議員は「工法など決定してから示すのでは誠意がない」と指摘。山添拓参院議員は「新たな亀裂や地表の隆起は個別案件ではない」として、早急に納得できる具体的な説明を求めました。

(東京民報2021年10月3日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  都立学校の教職員15人が原告となり、卒業式や入学式などで「君が代」の起立斉唱をしなかったことに対…
  2.  日本共産党都議団は4日、PFAS(有機フッ素化合物)汚染の国連人権理事会の報告書に対する都のコメ…
  3. 防衛省の担当者に抗議文を手渡す(左から)宮本、山添の各氏と関口えり子あきる野市議=3日、千代田区 …
  4.  東京母親大会連絡会は4日、岸田文雄首相にあてて、「沖縄・少女暴行事件の隠ぺいに強く抗議し、日本政…
  5.  大型道路の新設・拡幅など、東京都建設局が用地買収を行う際、国が定める土地収用法に基づく「建設局土…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る