東京 原爆被害者追悼のつどい 76年前思い核兵器廃絶を〈10月10日号より〉

 夏を思わせる暑さと日差しが降り注いだ3日、原爆犠牲者追悼のつどいがテクノプラザかつしか(葛飾区)で開催されました。例年、広島・長崎の原爆投下の日に合わせて行いますが、新型コロナウイルス感染症のまん延に伴いこの時期の開催になりました。

 1961年8月の第1回追悼のつどいから60年、国連の核拡散防止条約発効の年の開催となりました。つどいに先立ち青戸平和公園内にある慰霊碑前での献花式から「核兵器廃絶」への願いを参加者が語りました。

 つどいには小池百合子都知事からのビデオメッセージの他、一般社団法人東友会(東京在住の被爆者団体)の家島昌志・代表理事、広島、長崎両市長(代読)などの追悼の言葉が寄せられました。日本共産党の笠井亮衆院議員、和泉なおみ都議も参列し献花しました。

追悼のつどいに先立ち献花式にのぞむ笠井氏(左から2人目)ら参加者=3日、葛飾区

 生後8カ月で被爆し母を失った熊田育郎さんが自身の体験を映像に合わせて語り、核兵器の恐ろしさと未だ健康をむしばみ続ける影響を語りました。

 原爆犠牲者も高齢化しており、今年亡くなった方は236人。原爆犠牲者名簿に新たに登載された犠牲者は288人、総数は8405人になりました。被爆者の体験を自らの記録として発言できる人が少なくなってきています。「日本政府は核拡散防止条約の批准に背を向けてはならない」と訴える被爆者の声が重く響きました。

(東京民報10月10日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  都立学校の教職員15人が原告となり、卒業式や入学式などで「君が代」の起立斉唱をしなかったことに対…
  2.  日本共産党都議団は4日、PFAS(有機フッ素化合物)汚染の国連人権理事会の報告書に対する都のコメ…
  3. 防衛省の担当者に抗議文を手渡す(左から)宮本、山添の各氏と関口えり子あきる野市議=3日、千代田区 …
  4.  東京母親大会連絡会は4日、岸田文雄首相にあてて、「沖縄・少女暴行事件の隠ぺいに強く抗議し、日本政…
  5.  大型道路の新設・拡幅など、東京都建設局が用地買収を行う際、国が定める土地収用法に基づく「建設局土…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る