学術会議会員任命拒否は撤回を 江東市民連合がリーフ〈10月17日号より〉

「市民と政治をつなぐ江東市民連合」はこのほど、日本学術会議会員の任命拒否問題を考えるリーフレット「学問の自由はどうなる?」を作成。任命拒否の撤回を求める署名と合わせて「ぜひ活用を」と呼びかけています。

江東市民連合の発行したリーフレット

 この問題は菅義偉首相(当時)が学術会議会員6人の任命を拒否したことが「しんぶん赤旗」のスクープで発覚(昨年10月1日)。以来1年になるのに、菅首相は、任命拒否の理由を説明しないまま政権を投げ出しました。江東市民連合は「任命拒否という不法な行為を既成事実化させるわけにはいきません」と訴えています。

 リーフレットはQ&A形式で、Q1「日本学術会議問題ってなに? 私たちにとって大事なこと?」、Q2「学術会議会員の任命を内閣総理大臣が拒否するのは、なぜ問題?」、Q3「学問の自由って大切なの? 政府が介入するのはなぜいけないの?」など、疑問に分かりやすく答えています。

 署名は、内閣総理大臣あてで全国革新懇が進めているもの。任命しなかった理由を明らかにすることと、任命拒否を撤回し、会員6人の速やかな任命を求めています。

(東京民報2021年10月17日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 決意を語る周東氏  狛江市長選(6月19日告示、26日投票)で、日本共産党も参加する「豊かな…
  2. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  3. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  4.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  5. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る