共闘で新しい船を 市民と野党が総選挙へキックオフ 〈10月24日号より〉

「市民と野党の共闘で政権交代へ、全力をあげよう」と決意をあらわす、野党の衆院選候補と各地の市民連合の関係者=15日、千代田区

東京での市民と野党の共闘による総選挙勝利を目指す「新しい船を出そう!市民と野党のキックオフ@東京」が15日、国会内で開かれました。都内各地の市民連合の関係者と、総選挙の予定候補者が集まり、政権交代への決意を語りました。

 立憲民主党、日本共産党、社民党、れいわ新選組、新社会党、緑の党、生活者ネットワークから代表が参加しました。

 立憲民主党の長妻昭副代表は、「各党が根を詰めて、候補者一本化の調整を進め、皆さんの熱い思いを背景に、ここまで来ました。今の汚い政治を、まともな政治に変える。自民党が共闘にいろいろな攻撃をしてくるだろうが、各党の結束をさらに強めたい」とあいさつしました。

民主主義を踏みにじる政権か、守る政権か

 共産党の小池晃書記局長は、自民党の甘利明幹事長が14日に「自由と民主主義の政権か、共産主義が入ってくる政権かの政権選択」と発言したことについて、「野党共通政策のどこに共産主義と書いてあるのか。今度の選挙は、民主主義を踏みにじる政権か、民主主義を守る政権かの選択だ」と強調しました。

あいさつする小池氏

 市民連合の福山真劫さんが「岸田自公政権にこの国の民主主義をまかすわけにはいかない。多くの人の努力で新しい政権をつくり出す体制はできた。勝利のために全力をあげよう」と呼びかけました。

 都内で立候補する野党候補が紹介され、それぞれ決意を語りました。

(東京民報2021年10月24日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 決意を語る周東氏  狛江市長選(6月19日告示、26日投票)で、日本共産党も参加する「豊かな…
  2. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  3. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  4.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  5. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る