道路建設は住民追い出し 特定整備路線の中止要請 住民連絡会 〈10月31日号より〉

 東京都が防災性の向上を理由に推し進める特定整備路線に対し、関係住民らでつくる東京都特定整備路線連絡会は11日、小池百合子知事と三宅茂樹都議会議長に建設の中止を要請しました。同時に、323人分の署名を提出。要請には日本共産党のそねはじめ都議が同席しました。

都に要請書をわたす関係住民らとそねはじめ都議(左端)=11日、新宿区

 都は3000億円もの事業費を投入し、2025年度までに区部・28路線、計約25㌔で整備を進める方針です。連絡会は特定整備路線に指定された道路の都市計画は戦後の1946年に計画されたもので、高度に都市化した現代の環境に合致しないと主張。深刻な住環境破壊と住民追い出し、商店街の崩壊をもたらすとして、道路建設の抜本的見直しを訴えました。

都市計画道路の見直しを

 参加者らは「建築物の耐震・不燃化こそ必要」「建設会社に設計図を求めたが、まだ定まっていない状態」「一度壊した自然は戻らない」「住民は納得していない」など、強く意見を述べました。

 国土交通省の調査結果により作成された2000年以降の都市計画道路(幹線街路)の変更・廃止状況の資料を示し、2020年3月末時点において、全国で3030路線、全体の約1割が廃止されているなか、都はわずか5路線、全国の0・16%の廃止にとどまっていると強調。巨額の税金を道路建設ではなく、新型コロナ対策や住宅の耐震化、都民の暮らしと営業を守るために活用するよう求めました。

(東京民報10月31日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  2. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  3.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…
  5. アクセス数、記事トップ10 ① 「住民追い出す道路やめて」 品川区 29号線裁判が弁論終結 …

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る