総選挙データベース 女性候補 共産党46人でトップ〈10月31日号より〉

 今回の総選挙は、政治分野のジェンダーギャップ解消を目指す「候補者男女均等法」の施行(2018年)後初めての選挙で注目されていました。

 女性の立候補者数が最多だったのは130人中46人の日本共産党で、候補者に占める女性の割合は35.4%で2位でした。比率で一番高かったのは60%の社民党(15人中9人)。立憲民主党は18.3%(240人中44人)でした。

 一方、最も低かったのは53人中4人の公明党で7・5%、次いで336人中33人の自民党の9・8%、96人中14人の日本維新の会14・6%の順でした。
(東京民報2021年10月31日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党の清水とし子都議は9月29日の都議会一般質問で、東京の農業と農地を守り発展させるための…
  2.  都議会本会議で小池百合子知事の所信表明に対する代表質問が9月28日、一般質問が29日に行われ、都…
  3. 国会前で国葬に抗議の声を上げる人々=9月27日、千代田区  岸田文雄政権が安倍晋三元首相の…
  4.  品川区長選(立候補6人)は2日、投開票されたものの、6人の候補者がいずれも法定得票数(有効投票総…
  5. 小金井市 市長専決に抗議声明 小金井市の西岡真一郎市長は9月29日、市立保育園3園を廃園にす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る