総選挙データベース 女性候補 共産党46人でトップ〈10月31日号より〉

 今回の総選挙は、政治分野のジェンダーギャップ解消を目指す「候補者男女均等法」の施行(2018年)後初めての選挙で注目されていました。

 女性の立候補者数が最多だったのは130人中46人の日本共産党で、候補者に占める女性の割合は35.4%で2位でした。比率で一番高かったのは60%の社民党(15人中9人)。立憲民主党は18.3%(240人中44人)でした。

 一方、最も低かったのは53人中4人の公明党で7・5%、次いで336人中33人の自民党の9・8%、96人中14人の日本維新の会14・6%の順でした。
(東京民報2021年10月31日号より)

関連記事

最近の記事

  1. 文京区 高騰受け給食費補助  文京区教育委員会は17日、小麦粉や油などの食材費値上がりを受け…
  2. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  3.  中野区長選が23日開票(22日投票)され、無所属で現職の酒井直人氏(50)=日本共産党、…
  4. 1面2面3面4面 【1面】 政治動かす「欠かせぬ議席」 共産党「比例百万で山添再選必ず」…
  5. アクセス数、記事トップ10 ① 「住民追い出す道路やめて」 品川区 29号線裁判が弁論終結 …

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る