総選挙で「未来変える」 市民と野党が共同街宣 〈10月31日号より〉

 総選挙で日本の未来を変えようと、市民と野党による街宣が23日、新宿駅東南口広場で行われました。

市民と野党の共同街宣
スピーチ後、登壇者らと撮影にのぞむ志位和夫共産党委員長(上段中央)=23日、新宿区

 市民を代表して、夫婦で育児ができる(「ペア休」)社会を目指す境野今日子、反貧困ネットワーク事務局長の瀬戸大作、新宿区議のよだかれん、政治アイドルの町田彩夏、環境アクティビストのeriの各氏らが登壇。貧困、教育費、在留外国人の人権、ジェンダー、気候危機など、それぞれが抱える問題や生きづらさを訴え、「投票に行こう」と声を上げました。

 れいわ新選組の渡辺てる子氏(比例単独)は、「みんなの生存権、尊厳を守りたい」と訴え。社民党の福島みずほ党首は連帯のメッセージを寄せました。

 日本共産党の志位和夫委員長は、市民と野党の共同で総選挙をたたかえるのは市民の力と謝辞。「お互いの立場の違いを理解・尊重し、敬意を払い、一致点でしっかり共闘する」と勝利への意気込みを語りました。

 立憲民主党の枝野幸男代表は「いざというときに支えとなる政府を取り戻さねばならない」と拳を上げました。

 約1300人がステージを囲み、熱気に包まれました。

(東京民報2021年10月31日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る