〈一分11月14日号〉 総選挙で繰り広げられた野党共闘をめぐって大手メディアでは「共闘は失敗、不発」などの指摘が相次いでいます…

 総選挙で繰り広げられた野党共闘をめぐって大手メディアでは「共闘は失敗、不発」などの指摘が相次いでいます▼実際の結果は、小選挙区のうち野党で一本化した候補が62で勝利しました。さらに1万票以内の僅差で敗れた選挙区も32にのぼります。合わせれば、全国289の小選挙区の3分の1に迫ります▼野党共闘の効果は、選挙結果を報じた地方紙の見出しからも伝わってきます。「野党共闘 岩盤に風穴」と報じたのは河北新報。他にも「野党共闘 自民に一矢」(秋田魁新報)「共闘結実、『一強』崩す」(奈良新聞)など、各紙が地元選挙区での野党共闘による、様相の激変に注目しています▼東京では、18の選挙区で野党四党が候補を一本化し、そのうち7選挙区で勝利しました。前回、東京で野党側が小選挙区で勝利できたのは4選挙区で、大きな前進です▼共闘の発展への課題は、各党が共闘に本気の姿勢を有権者に伝え、政権交代で生まれる新しい政治の魅力を広めることです。5日に共産党都委員会を訪問した、立憲民主党の手塚仁雄都連幹事長は「東京での成果を見れば共闘路線、この道しかないという思いで進んでいきたい」とあいさつしました。共闘をさらに発展させ、実らせる参院選も、来年に迫っています。

(東京民報2021年11月14日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党の清水とし子都議は9月29日の都議会一般質問で、東京の農業と農地を守り発展させるための…
  2.  都議会本会議で小池百合子知事の所信表明に対する代表質問が9月28日、一般質問が29日に行われ、都…
  3. 国会前で国葬に抗議の声を上げる人々=9月27日、千代田区  岸田文雄政権が安倍晋三元首相の…
  4.  品川区長選(立候補6人)は2日、投開票されたものの、6人の候補者がいずれも法定得票数(有効投票総…
  5. 小金井市 市長専決に抗議声明 小金井市の西岡真一郎市長は9月29日、市立保育園3園を廃園にす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る