オンライン診療解禁やめよ 保団連がマスコミ懇談会〈11月21日号より〉

 開業医を中心に全国で10万8000人の会員を有する全国保険医団体連合会(全国保団連)は11日、マスコミ懇談会を開催。会員のアンケートに基づき、オンライン診療など、医療現場で起きている問題について見解や資料を公表しました。

懇談会にのぞむ理事の医師・歯科医師ら=11日、渋谷区

 同会は最近、注目されるデジタル推進関連について「オンライン初診解禁ありきで議論が先行している」と批判し、解禁をやめるよう求めています。懇談会で示された資料では現在は臨時特例下で原則、緊急時に対面診療が実施できる患者にオンライン診療を行うこととされているものの「遠隔地(県外の患者)を診療している事例もある他、処方薬剤や日数制限が守られていない事例が散見している」と指摘。

 オンライン診療機器メーカーを招いた学習会や採用医療機関のアンケート調査結果から「現時点では対面診療に代わりえるものとは到底言えない」と結論付けています。

 懇談に参加した同会理事らは新型コロナ対応の支援金の支給の終了や、融資制度の償還が始まることに対する問題と合わせて、診療報酬を実態に基づき改定する要望も明らかにしました。歯科診療では金属価格の高騰に診療報酬が追い付いていない実態を告発。早急な対応が必要としています。

(東京民報2021年11月21日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る