〈一分12月5日号〉新型コロナの新たな変異株オミクロン株が、世界に脅威を与えています▼ウイルスが人間の細胞に進入する際に、…

 新型コロナの新たな変異株オミクロン株が、世界に脅威を与えています▼ウイルスが人間の細胞に進入する際に、細胞の表面の受容体に結びつく役割を果たすスパイクタンパク質に約30カ所の変異があるというオミクロン株。感染力が強くなったり、ワクチンの効果を弱めることが懸念されています。世界保健機関は、警戒度が最も高い分類に認定しました▼オミクロン株の感染者は、すでにヨーロッパやオーストラリア、アジアでも見つかっています。急速な拡大は、感染力の強さを心配させます。日本政府は11月29日、外国人の入国制限を全世界に拡大することを決めました▼世界でも感染対策の再強化や、外国からの入国制限の動きが広がっています。ワクチン接種や治療薬研究の進展などで、遠くに希望の光が見え始めていたかのようだったコロナ禍の行方に、再び暗雲が立ち込めています▼デルタ株が猛威をふるった第5波では、重症者も自宅療養を迫られる深刻な医療体制の危機を招きました。現在は、新規感染が大幅に減った一方で、各地の食料支援などに並ぶ人の数は、過去最多を記録しています。新たな変異株の広がりを前に、デルタ株の教訓を踏まえ、医療と検査、補償を充実させる科学的な対策が求められています。

(東京民報2021年12月5日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る