「論戦の柱、再び国会へ」 参院選 東京選挙区に山添拓氏

日本共産党東京都委員会は11月29日、2022年夏に行われる参院選の東京選挙区(改選数6)に、現職(1期)で、弁護士の山添拓氏(37)を公認候補として擁立すると記者会見で発表しました。参院選比例代表予定候補(東京、南関東)の党副委員長・政策委員長の田村智子氏(56)、田辺良彦都委員長、あぜ上三和子都議が出席しました。(山添拓氏のホームページはこちら

 

山添拓出馬表明

会見にのぞむ(左から)あぜ上、田村、山添、田辺の各氏=11月29日、都庁

 

田辺委員長は山添氏が約5年半の間に繰り広げた、215回に及ぶ国会論戦に言及。「安倍・菅政権が狙う憲法改悪と立ち向かい、食い止めながら、昨年は検察庁法改悪案を、今年は入管法改悪案を廃案に追い込んだ。シャープで分かりやすい国会論戦で活躍している。引き続き国会で不正を許さず、憲法を生かして希望を届ける政治を実現するために力を発揮してほしい」と強調。比例代表で全国650万票、10%以上の得票率を目指し、「5議席を必ず実現し、東京選挙区では山添さんの議席を絶対に確保する」と意気込みました。

山添氏は自公政権が正面に据えない気候危機やジェンダー問題について、「今、若い世代が声を上げている。新たな時代を切り開く若い世代の仲間とともに政治を変えたい」と訴え。「国会審議を通じ、政治を動かすことに力を尽くしてきた。国政の課題を明らかにし、国民と思いを共有できるような国会論戦に取り組みたい」と2期目への意欲を示しました。

自公政権が狙う憲法改正についても触れ、「参議院で改憲勢力の3分の2議席確保を許さないたたかいが、参院選の焦点のひとつ」と力を込めました。

田村氏は山添氏について「党国会議員団にとって、なくてはならない論戦の柱」と強調し、「理知的で綿密な調査に基づき、相手を追い詰めていく国会での質問は、党派を超えて高く評価されている」と紹介。「この政権に任せていれば日本の未来が危うい。参院選を政権交代の足掛かりとなる選挙にしたい。野党の共通政策こそ、国民の命、暮らし、日本の経済にとって希望が開けることを示す論戦を、国会でも、選挙戦でも、貫いていく」と述べました。

(東京民報2021年12月5日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党の清水とし子都議は9月29日の都議会一般質問で、東京の農業と農地を守り発展させるための…
  2.  都議会本会議で小池百合子知事の所信表明に対する代表質問が9月28日、一般質問が29日に行われ、都…
  3. 国会前で国葬に抗議の声を上げる人々=9月27日、千代田区  岸田文雄政権が安倍晋三元首相の…
  4.  品川区長選(立候補6人)は2日、投開票されたものの、6人の候補者がいずれも法定得票数(有効投票総…
  5. 小金井市 市長専決に抗議声明 小金井市の西岡真一郎市長は9月29日、市立保育園3園を廃園にす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る