ジェンダー平等 賃金格差解決の政治に 山添・吉良氏 街角でトークイベント

日本共産党の山添拓、吉良よし子の両参院議員によるトークセッションが4日、有楽町イトシア前(千代田区)で行われました。司会は前衆院比例候補の細野真理氏。ジェンダー問題をテーマに、大きなデジタルビジョンに映し出される表やグラフを使いながら対談を繰り広げました。

山添、吉良トーク

ジェンダー問題についてトークを繰り広げる(左から)吉良、山添の両氏と、司会を務める細野氏=4日、千代田区

 

男女の賃金格差について、吉良氏は全労働者の年間平均給与額を見ると、女性は男性より240万円も低いと指摘。40年間働き続けた場合「生涯で1億円の差になる。衝撃的」と力を込めました。

山添氏はジェンダー平等を実現するうえで、経済的な土台をしっかりと築くことが大事だと主張。「各企業における賃金格差の実態を調査・把握し、向上させる過程までやらなければならない」と述べました。

女性への性暴力・痴漢対策について、山添氏は「若年層への痴漢被害があることは政府も知っているが、見て見ぬふりをして軽んじられてきた。無視できない現実」と強調。吉良氏は「苦しむ人たちを一刻でも早く救済しなければ」と訴え、「女性が意志のある人間だということが、性犯罪に関する刑法では認められていないのではないか」と憤り、日本の性交同意年齢が13歳と低い現状にも怒りを示しました。

会場には質問箱が置かれ、寄せられた「都内に住むのにいくら必要か」「好きな駅弁と沿線の風景は」などの質問に、両氏が回答するコーナーもありました。

(東京民報2021年12月12日付より)

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る