コロナ禍 命、暮らし、営業守って 共産党都議団が予算要望

 東京都の2022年度予算編成に対する都議会各派による予算要望が12月23日、行われました。日本共産党都議団は、都民から寄せられた切実な声をもとに作成した約2390項目に及ぶ要望書を、小池百合子知事に手渡しました。

小池知事(前列左から4人目)に要望書を手渡す和泉幹事長ら共産党都議団=12月23日、都庁(新宿区)

 和泉なおみ幹事長は「新型コロナの感染拡大が懸念され、都民の暮らし・営業は打撃的な影響が続いている。次の感染拡大を起こさない対策、起きた時の対策とともに、暮らしや営業を強力に支える対策が切実に求められている」と強調。「外環道や臨海地域の『東京ベイまちづくり戦略』をはじめとした大型開発など不要不急の事業を抜本的に見直し、住民福祉の増進という地方自治体本来の使命を果たすために全力を尽くすべきだ」とのべました。

 その上で和泉都議は、20の柱、119項目の重点要望について説明。▽都立・公社病院の独立行政法人化中止▽オミクロン株に備えたPCR検査の抜本拡充、医療体制の強化▽中小・小規模企業への支援▽18歳未満の医療費無料化など子育て支援▽高齢者福祉の充実▽ジェンダー平等・人権擁護の推進▽防災対策の抜本的強化―など、概略をのべ、予算に反映するよう求めました。

切実な都民要望を実現するよう小池都知事に求める共産党都議団(左側)=12月23日、都庁

 福手ゆう子都議は、痴漢・盗撮被害対策について「電車や駅が犯罪スポットになる中で、都営交通の対策強化が重要。(導入済みの)新宿線以外の都営地下鉄にも知事のイニシアチブで女性専用車両の導入を」と訴えました。

 里吉ゆみ都議は若者・学生・大学の専管組織の設置を提案。「最も学生の多い東京でこそ、コロナ禍で若者の声を受け止める担当部署が必要だ」と強調。アオヤギ有希子都議は「都営バスが少なく、バス路線の空白地域も多い多摩地域の交通格差是正のためにも、運営費を補助するコミュニティーバスへの支援を充実してほしい」と求めました。

 小池知事は「多岐にわたるご要望を伺わせていただきました」と答えました。予算案は2022年2月開会予定の第1回定例会で審議されます。

(東京民報2022年1月2日・9日合併号より)

関連記事

最近の記事

  1.  都立学校の教職員15人が原告となり、卒業式や入学式などで「君が代」の起立斉唱をしなかったことに対…
  2.  日本共産党都議団は4日、PFAS(有機フッ素化合物)汚染の国連人権理事会の報告書に対する都のコメ…
  3. 防衛省の担当者に抗議文を手渡す(左から)宮本、山添の各氏と関口えり子あきる野市議=3日、千代田区 …
  4.  東京母親大会連絡会は4日、岸田文雄首相にあてて、「沖縄・少女暴行事件の隠ぺいに強く抗議し、日本政…
  5.  大型道路の新設・拡幅など、東京都建設局が用地買収を行う際、国が定める土地収用法に基づく「建設局土…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る