勝手連・YAMA部が本格始動 参院選「山添さんの再選必ず」

来年夏の参院選で、日本共産党の山添拓参院議員(東京選挙区)を何としても再選させようと、山添氏を応援する市民勝手連「YAMA部」が活動を本格化し、18日に新宿駅西口地下広場で街頭宣伝に取り組みました。

参加者は、新しくなったYAMA部のロゴをデザインした横断幕、のぼりと、山添氏のポスターでアピールしました。

YAMA部の宣伝で話す山添さん

YAMA部のロゴが入った横断幕を前に演説する山添氏=18日、新宿区

国会で最低賃金の引き上げなどを求めた山添氏の質問の様子を動画で上映して、本人が内容を解説。参加した市民も応援に立ち、労働組合で活動する女性は「最低賃金1500円を実現し、人間らしく働ける環境を取り戻すためにも、山添さんと日本共産党の存在は大きい。大事な議席を守るために、私もがんばりたい」と訴えました。

山添氏は、岸田内閣との初の本格論戦となっている臨時国会について、「岸田氏の答弁は、これまでの政権に比べて『低姿勢』などと報じられているが、何を聞いても、まともに答えないし、答えられないことがはっきりした。『新しい資本主義』も、新自由主義的な政策の何を転換するのか、何度聞いても明らかにしようとしない。それで転換できるのか」と批判。

「コロナ禍での支援策をめぐっても世論と運動が政治を動かしてきた。声をあげる人がいれば、それをぶつける議席があれば、必ず政治は変えられる。引き続き国会で仕事ができるよう、がんばりたい」と訴えました。

(東京民報2021年12月26日付より)

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る