武蔵野市議会 住民投票条例案を否決 市長 制定に改めて意欲〈1月2,9日号より〉

 武蔵野市議会(26人)は12月21日の本会議で、松下玲子市長が提出した日本人と外国人が同条件で参加できる住民投票条例案を賛成11、反対14で否決しました。

 松下市長は閉会後の会見で、議会の決定を重く受け止めるとしつつ、「外国籍の市民も日本国籍の市民も同じコミュニティーの一員として人権が尊重され、多様性を認め合う、支え合いの社会を築いていくことを共に考えて街づくりを行っていきたい」とのべ、改めて条例制定に意欲を見せました。

 同条例案を巡っては、成立すれば全国3例目となる国籍を問わない制度案として注目され、市のアンケートでは多数の市民が賛成していました。一方、「武蔵野が乗っ取られる」などと、デマで外国人排斥をあおる主張や、市への威圧的な攻撃が街頭やインターネット上で繰り返されました。

 市議会では賛否が伯仲し、13日の総務委員会(7人)では賛否同数による委員長裁決で可決。本会議では立憲民主ネット(5人)、日本共産党(2人)、自治と共生(2人)、無所属2人が賛成、自民(7人)、公明(3人)、ワクワクはたらく(2人)、無所属2人が反対しました。

 賛成討論に立った共産党の橋本しげき市議は条例案について「より進んだ市民参加に挑戦するまち、多様性を認め合い、平和と文化を育むまち武蔵野を目指す取り組みとして、憲法の趣旨を踏まえたものだ」と強調。右翼団体などによる威圧に屈することなく、制定をと呼びかけました。

 条例案は投票資格を持つ住民の4分の1以上にあたる署名提出があれば、議会の議決がなくても投票を実施できる制度を創設。市内に3カ月以上住む18歳以上の住民なら、国籍を問わず投票を認めていました。

(東京民報2022年1月2,9日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党の清水とし子都議は9月29日の都議会一般質問で、東京の農業と農地を守り発展させるための…
  2.  都議会本会議で小池百合子知事の所信表明に対する代表質問が9月28日、一般質問が29日に行われ、都…
  3. 国会前で国葬に抗議の声を上げる人々=9月27日、千代田区  岸田文雄政権が安倍晋三元首相の…
  4.  品川区長選(立候補6人)は2日、投開票されたものの、6人の候補者がいずれも法定得票数(有効投票総…
  5. 小金井市 市長専決に抗議声明 小金井市の西岡真一郎市長は9月29日、市立保育園3園を廃園にす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る