キラキラ国会のおと 吉良よし子 若者は政治に無関心?〈1月30日号〉

 思った以上に声が届きました。1月16日、新宿東南口での「Meet―up共産党」というトーク宣伝を行ったときのことです。

 普段の一方的な演説街宣とはちがい、最初から最後まで、若者から寄せられた声・質問に答える形式。事前にネットで集めた声とともに、当日も街頭で“共産党に聞きたいこと”を紙に書いてもらって声を集めました。そしたら、当日、想定以上に紙に質問を書いてくれる方がたくさんいたのです。

Meet―up共産党で

 「気候危機をどう考える?」「学費を下げて」「制服を自由にして」など、具体的な政策に関わるものから「政治が難しすぎる。もっとわかりやすくしてほしい」という政治全般に対する思いまで内容も多種多様。それが、用意したボードに貼りきれないくらいたくさん集まったことに、私は驚き、そして、嬉しかった。だって「若者は政治に無関心」という状況が、過去のものになりつつあることを実感できたから。

寄せられた声を貼ったボード

 コロナの下、政府は「若者が感染を広げている」などと、若者を悪者扱いしてきました。オミクロン感染が広がる今、専門家からは「若者は検査なしで診断を」「受診を控えて」などという声まで出てきています。そのくせ、バイトができず困窮する学生たちへの支援はまったく不十分。あまりにひどい若者置き去りの政治。さすがに黙っていられない思いもあると思います。なにより、自己責任論で政治を諦め続けてきた若者たちのこの変化は希望。その思いに応える政治を今年こそ。(参院議員・東京選挙区選出)

(東京民報2022年1月30日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る