【編集長インタビュー】コロナ禍の貧困 現実から目を背けぬ社会に 公助の不足で長期的影響 つくろい東京ファンド 稲葉剛さん

 生活困窮者への居住支援に取り組む稲葉剛(つよし)さん(一般社団法人「つくろい東京ファンド」代表理事)が、『貧困パンデミック』(明石書店)を7月に出版しました。コロナ禍のもとでの支援の活動を、その時々にウェブ媒体で発表した記事を中心に、時系列にまとめたものです。支援の現場から見た、コロナ禍での貧困、公助のあり方を聞きました。(荒金哲)

27年間で初めて見る光景が

「27年間、貧困の現場を見てきて、初めての事態がコロナ禍で広がっている」と話す稲葉さん(写真は本人提供・撮影:横関一浩)

 ―コロナ禍の貧困の特徴は。

 コロナ以前は路上生活をする人の数は減少傾向にありました。炊き出し支援などを受ける人は、年齢的には50代以上の単身男性、路上生活歴が長い方がほとんどでした。

 それが昨年の春以降、10代、20代の相談が非常に増えています。虐待や、家庭の貧困などで、親からの援助を受けられない若者からの相談が珍しくありません。

 二つ目の特徴は、女性が増えたことです。コロナ禍は飲食店を中心に対人サービスで働く人たちに大きな影響を与えました。これらは女性の非正規労働者が多い業種です。もともと年収200万円以下のワーキングプアでギリギリの生活だった人たちが、路上に押し出されています。

 特徴の三つ目が、外国籍の人たちが多いことです。在留資格がなく入管の収容施設に入っていた人たちが、密集生活を避けるためにと仮放免になった場合、生活保護も認められず、働くこともできません。八方ふさがりで生活が成り立たず、相談に来られています。

 このように、世代も、性別も、国籍も超えて貧困が広がっています。私は27年間、貧困の現場で活動してきましたが、初めて見る状況で、強い危機感を抱いています。

 ―副題に「寝ている『公助』をたたき起こす」とあります。

 コロナ禍の下での国の貧困対策の主軸が、給付でなく貸し付けだったことが、非常に大きな問題と考えています。

 現金給付は、これまでのところ、昨年、特別定額給付金が一律10万円支給されただけです。諸外国では現金給付が複数回、行われており、生活困窮者への上乗せも実施されています。

 社会福祉協議会からの貸し付けを限度額の200万円まで借り切っているケースも多く、さらに金融機関からの借金をしている人も多くいます。今後、返済が始まると、ゼロどころか、借金というマイナスからのスタートになります。中長期的に貧困状態に固定化される人たちが多く出ることを心配しています。

住まい第一の支援でこそ

 ―東京都の対応を振り返り感じることは。

 都内には2017年の東京都の調査で、ネットカフェなどで暮らす住居喪失者が約4000人いました。

 昨年4月の一回目の緊急事態宣言でネットカフェへの休業要請が行われたため、この人たちが生活の場を失い路上に押し出される事態になりました。宣言が出る直前に、都内の6つのホームレス支援団体で、世界各国が行っているように、ビジネスホテルを行政が借り上げるなどして、支援するよう提案しました。

 その後、ビジネスホテルを活用した支援が始まったことは、評価しています。ただ、相談窓口の対応や周知の仕方に問題が多く、相談に行っても追い返される事態も生まれ、そのたびに何度も改善を求めました。

 従来から、生活保護を申請した人が、相部屋の劣悪な宿泊施設に誘導される「施設ファースト(施設入所前提)」が、問題になってきました。安定した住まいを無条件で提供して地域での生活を支える「ハウジングファースト」の支援が必要です。

 今回、コロナ対策として、相部屋ではなくホテルに入り、そこからアパートに入居する支援の流れが始まったおかげで、支援につながった人たちが多くいます。コロナ後も、これを継続させるよう求めていきます。

『貧困パンデミック』(明石書店、1800円+税)

「排除と支援」せめぎあい

 ―ホームレスの青年と野良猫の交流を実話をもとに描いた映画『ボブという名の猫』で世界的に有名な猫、ボブの訃報(20年6月)をきっかけに、家を失った人がペットを連れて入れるシェルター「ボブハウス」をつくろうと決意し実現するなど、ほっとするエピソードも多くあります。

 路上生活をする人が増えている現状に、見て見ぬふりをできない、何か自分にできることはないかという問合せが各支援団体に増えています。私が関わっているビッグイシュー基金では、路上生活になった人が必要な情報にアクセスできない状況に陥らないよう、「路上脱出・生活SOSガイド」という冊子を、送料のみで無償配布しています。これも、自分も配りたい、周囲にいる路上で暮らす人に渡したい、という問合せが急増しています。

 こうした自発的な支援の動きが広がる一方で、8月には有名人によるホームレスの人たちへの差別発言がありました。

 本の後書きに書いたように、「排除か支援か」のせめぎあいが社会に起きていると感じます。

 ―その後書きでは、コロナ禍のもとで生じた人々の苦痛を忘れ去ろうという動きに、抗議の声を上げ、社会に「せめぎあい」を作り続けたい、と書かれています。

 過去の経験では、08年、09年のリーマンショックや年越し派遣村で貧困が可視化され、反貧困運動が広がった後には、2012年の一部の自民党議員による生活保護バッシングなど、貧困対策のバックラッシュ(揺り戻し)が起きました。最近も、財務省の事務次官が、緊縮財政を求める論文を発表するなど、社会保障の縮小を求める動きが今後、再び強まることは確実だと思います。

 コロナ禍で見えた貧困は、もともと私たちの社会が抱えていた構造的な問題が露呈したものです。命や生活を守る「公的なもの」の縮小が、コロナ禍で大きな被害をもたらしたことから目をそらさず、その拡充を求める声をあげ続けます。

(東京民報2021年12月12日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党の清水とし子都議は9月29日の都議会一般質問で、東京の農業と農地を守り発展させるための…
  2.  都議会本会議で小池百合子知事の所信表明に対する代表質問が9月28日、一般質問が29日に行われ、都…
  3. 国会前で国葬に抗議の声を上げる人々=9月27日、千代田区  岸田文雄政権が安倍晋三元首相の…
  4.  品川区長選(立候補6人)は2日、投開票されたものの、6人の候補者がいずれも法定得票数(有効投票総…
  5. 小金井市 市長専決に抗議声明 小金井市の西岡真一郎市長は9月29日、市立保育園3園を廃園にす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る