落語史と明治維新の明暗 2月に新刊 初の女性落語家も詳述 寄稿 話芸史研究家 柏木新さん〈2月13日号より〉

 東京民報で『落語の歴史』の連載を執筆するなどしてきた、話芸史研究家の柏木新さんが、新刊『明治維新と噺家たち―江戸から東京への変転の中で』を2月に出版します。初の女性落語家の人生の詳述などを通して、明治維新が落語の発展にどのような刻印をもたらしたか、執筆を通じてさまざまな新たな発見があったといいます。同書について、寄稿してもらいました。

柏木新さん

 この著作は、日本の歴史の大きな転換期となった明治維新とそれによってつくられた明治時代の中で変化・発展した落語と噺家の世界を描いたものです。

 明治時代は近代化を図る一方、中央集権国家をつくりあげ、「富国強兵」策のもとで、日清・日露戦争など朝鮮・中国への侵略戦争を行いました。この明治時代の社会の動きと落語の世界も無関係でなく、落語の近代化は、明治維新の「明」と「暗」が複雑に絡み合い変化・発展したのです。

 落語の変化・発展には、幕末・明治の時代の歴史の刻印がしっかり押されており、その時代の落語の歴史を知ることは、明治維新をどう見たら良いのかも示唆してくれます。今日の落語の源流は明治時代にあり、昭和時代の忌まわしいアジア・太平洋戦争の源流も明治時代にあります。「明治維新と噺家たち」の歴史を掘り下げることは、落語の本質と今日の社会と政治をどう見るのかにとっても意義あるものと思い、この著作を書きました。新しい発見も多くあり、興味深く読んで頂けると思います。

フランス人による寄席の案内書邦訳

 現代の視点から掘り下げたテーマの一つが、第八章「女性の落語家第一号―若柳燕嬢(えんじょう)」です。これまで燕嬢については詳しいことを書いた書籍はありませんでしたが、章を立てて書きました。

フランス語版『日本の噺家』の表紙=柏木さん提供

 燕嬢は談洲楼(柳亭)燕枝の弟子となり、一方の旗頭として東京、上方で活躍。幸田露伴や泉鏡花などの小説を題材にした噺も演じていました。

 今では女性落語家はめずらしくありませんが、「家父長制度」の元、男尊女卑の風潮が強い明治時代に女性落語家の道を歩んだ女性がいたことは、ジェンダー平等の視点からも意義あるものです。

 また、第九章は「フランス人が書いた噺家・寄席の案内書」です。明治の時代にフランスの一等書記官だったジュール・アダンは、フランス人向けに日本の噺家・寄席の案内書を書いています。それが『日本の噺家』です。浮世絵師の挿絵もあり当時(明治時代)の寄席の状況がわかる貴重な本です。

 もともとのフランス語版とそれを訳した英語版があります。日本では英語版全文の邦訳はありますが、部分訳はあるもののフランス語版の全訳はありませんでした。作者であるアダンの心が伝わってくるのはやはりフランス語版です。私はフランス語の専門家ではありませんが、「解体新書」のように辞書を片手に悪戦苦闘しながら邦訳に挑戦しました。専門家の方の助言も頂き、今回、巻末にフランス語版の全文邦訳を掲載することが出来ました。本書の挿絵の浮世絵はカラーです。

圓朝・燕枝などの活躍と苦闘たどる

 他の章の内容も端的に紹介します。第一章「幕末の激動のなかで」では、今日の社会で大きな社会問題となっている貧富の格差が江戸時代末期にも生まれており、明治維新の足音が近づいて来ている中での落語の動きを描いています。江戸幕府を風刺した狂句(川柳)や狂歌にもふれています。

 第二章「圓朝(えんちょう)と燕枝(えんし)―江戸落語の大成と近代化」では、明治の落語界をリードし、今日の近代落語の基礎をつくりあげた三遊派と柳派の中心人物―三遊亭圓朝と談洲楼(柳亭)燕枝について書いています。

『日本の噺家』の挿絵。高座の様子で、ステテコを踊っているのは圓遊と思われる=柏木さん提供

関連記事

最近の記事

  1.  任期満了に伴う都知事選が7日投開票され、市民と野党の共闘で推された前参院議員の蓮舫候補(56)=…
  2.  7日投開票の都知事選で3選を決めた現職の小池百合子氏は291万8015票(得票率42.8%)を獲…
  3.  羽田空港で今年1月に起きたJAL機と海上保安機の衝突炎上事故では、客室乗務員が乗客を機内に取り残…
  4. 都議補選報告に激励次々  9選挙区(いずれも欠員1)で行われた都議補選も7日、投開票されまし…
  5.  日本共産党都委員会の常任委員会は8日、都知事選・都議補選(7日投開票)について声明を出しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る