【アーカイブ】不断の努力で憲法生かそう 公布75年で国会前行動〈11月14日号より〉

 日本国憲法の公布から75年となる3日、改憲を許さずともに新しい時代を切り開こうと、総がかり行動実行委員会と全国市民アクションが国会議事堂正門前で「憲法大行動」を開きました。

 総がかり行動実行委員会共同代表の高田健氏が主催者あいさつ。衆院選で改憲勢力が3分の2議席を超える事態を招いたことに危機感を示し、「来年7月の参院選挙で勝ち抜き、政治を変え、改憲とアジアの緊張激化を図る与党の路線を必ず転換しなければならない」と、呼びかけました。

国会議事堂正門前で「不断の努力で憲法守ろう」と訴える田村智子参院議員=3日、千代田区

 立憲野党を代表して、立憲民主党の近藤昭一衆院議員、日本共産党の田村智子、社民党の福島みずほの両参院議員がスピーチ。近藤氏は、「憲法を生かすことこそ政治の役割」と主張。田村氏は「今、不断の努力を断ち切れば、喜ぶのは強権政治を推し進めてきた憲法改定を狙う勢力」と強調し、高い学費に苦しむ学生、気候変動の問題を取り上げ、「憲法の議論どころではない。現実の政治をすぐに、どう動かすのかが問われている」と訴えました。福島氏は「憲法改悪の動きと、とことんたたかう」と力を込めました。

 ゲストで登壇した憲法学者・武蔵野美術大学教授の志田陽子氏は、「ここ6年ほど、国民に意志を問わないまま憲法の実質的な内容が変えられている」と指摘。ジャーナリストの松元千枝氏はジェンダーの課題について、東京大学教授の本田由紀氏はコロナ禍と貧困・格差をテーマに語りました。

 現場には約1200人が駆け付け、オンラインを含めると2000人以上が参加しました。

(東京民報2021年11月14日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る