今を生きる若者の希望に 撮影報告会 伊藤千代子の生涯を映画に〈1月30日号より〉

 藤田廣登氏の著書『時代の証言者 伊藤千代子』を原作とした映画、「わが青春つきるとも~伊藤千代子の生涯~」の撮影終了報告会が18日、全労連会館(文京区)で開かれました。

 「ガラスのうさぎ」など、多数の社会派映画を手掛けてきた桂壮三郎監督は「リアリティを求めると、人物や背景が重要になる。映像化の限界がある中で原作を追及することが難しかった」と撮影の感想を話しました。

登壇した桂壮三郎監督(右から3人目)と(左から)塚瀬香名子、宜野座万鈴、窪塚俊介、井上百合子、竹下景子、印南唯の各俳優陣=18日、文京区

 伊藤千代子役に抜擢された新人の井上百合子氏は、「彼女は今の時代では考えられないような強い意志を持つ女性。私は26歳。同世代の女性として、何を思い、感じるかというところに焦点を当て演じた」。東京女子大学の学長、安井てつ役の竹下景子氏は「てつ先生は学業や知識より人間教育に重きを置いている。自由というものがどんなに貴重で大切か、改めて知ってもらえる映画」と話しました。

 原作者の藤田氏は「伊藤千代子という無名の女性が世に出る歴史的瞬間。千代子は社会に目を開き、社会の矛盾に対して働きかけ、成長していく。今を生きる若者に大きな希望を与えるだろう」と語りました。映画は4月から上映予定です。

(東京民報2022年1月30日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…
  2. 履物産業の切実な要求を都に伝える参加者ら=13日、台東区  履物産業の振興や履物労働者の生活…
  3. (江戸川区 葛西臨海公園)  大観覧車のある芝生広場や浜辺の展望広場では、キバナコスモスやピ…
  4. ▼わたばやし・ゆか(綿林夕夏)さんの略歴 1991年長野県上田市生まれ。2015年、法政大学キャリ…
  5.  東京地方労働組合評議会(東京地評)は15日、労働争議の早期解決のために、争議支援総行動を実施しま…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る