新人都議新春インタビュー 福手ゆう子さん(44)=文京区= 託された願い都議会に

都議会控え室の自席で

―2021年を振り返っていかがですか。
 何といっても都議選で当選し、都議として活動を始められたことが最大の出来事でした。都議選最初の立候補(2017年)では、215票差の惜敗で、小竹紘子さん(前都議)の議席を引き継げずに本当に悔しい思いをしました。
 市民と野党の統一候補としてたたかい、当選のために頑張ってくれた共産党支部や後援会の人たちをはじめ、党派を超えて支援してくれたみなさんに、ようやく恩返しができたという思いです。
 私にとって落選してからの4年間は、今回の都議選をたたかう上でも、都議として活動する上でも、声をあげれば政治を変えられることを確信にして活動できる年月となりました。
 例えば地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅近くの都バス車庫跡の都有地を、福祉に活用してほしいという住民要望を、4年前の公約に掲げました。住民のみなさんと一緒に運動を広げ、超党派の区議とも共同した運動は、区を動かし、100人規模の認可保育園をつくらせることになりました。

痴漢・盗撮 被害者の声で都動かす

 ―昨年12月議会で初めて本会議質問に立ちました。
 公約に掲げた盗撮・痴漢問題を取り上げました。都議団が行っている「痴漢・盗撮アンケート」には、10日間で1200人近くの人から回答が寄せられました。高校生からも盗撮被害の実態を聞き、対策を求めました。
 交通局長から痴漢・盗撮被害は「心に一生の傷を負わせる。決して許されない」という答弁が本会議で初めてありました。私たちと同じ認識に立ってくれ、次につながる大事な答弁でした。
 質問後に都営地下鉄で、「痴漢・盗撮は犯罪です」というアナウンスがされ、電光掲示板が変わっていることが分かりました。被害者の声が都政を動かしたということが実感でき、都議としてのやりがいも感じることができました。
 また、文京区は23区で2番目に都営住宅が少なく、希望してもなかなか入れません。「住み慣れた地域に住み続けたいけれど、家賃の安い他の地域に引っ越せざるをえない」という切実な声を取り上げ、増やすことを求めました。
 さらに、区内にある築70年近く経つ都営住宅を、一度も耐震診断していないことが分かりました。命にかかわる重大な問題で、引き続き対策を求めていきます。
 ―今年の抱負をお願いします。
 都議選で寄せられた声、託された願いを一つひとつ都議会で取り上げ、それを実現していくことが私の役割です。
 特に今年は都議選の最大の公約である「命を守る都政」を実現させるために、駒込、大塚両病院をはじめとする都立・公社病院の独法化を中止し、直営のままで充実させるために頑張ります。

福手都議の横顔

 出身は郡上(ぐじょう)踊りで有名な岐阜県郡上市。母方の祖母の実家が郡上八幡の地元で、子どものころは毎年のように踊っていました。文京区議になってからは忙しくて帰省できず、踊れないのが残念とのこと。昨年の個人的3大ニュースは、都議当選、コロナ禍に続き「夫との会話が増えた」が、第3位にランクイン。趣味は鳩笛で上達したら、いつか人前で披露するのが密かな夢とのことです。

(東京民報2022年1月23日号より)

関連記事

最近の記事

  1.   (江東区 亀戸天神など) 亀戸赤からし市は亀戸天神など4か所で7月から8月に4日間…
  2. 志半ばで昨年他界した仲間の写真を抱え参加する人の姿も=6月21 日、江東区  「稲盛和夫会長…
  3.  東京国税局に勤務していた原口朋弥さんは2021年6月、分限処分(ことば)で免職の辞令を交付され国…
  4.  森成麟造(1884─1955)は新潟県東頸城郡真荻平村(現上越市安塚区)の生まれ。父の章…
  5. 裁判所に向かいパレードする原告団と弁護団ら=6月20日、立川市  米軍横田基地(福生市など多…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る