〈一分 2月20日号〉自民党の京都府連が、国政選挙の候補者から現金を集め…

 自民党の京都府連が、国政選挙の候補者から現金を集め、地元議員に配っていた組織的な買収疑惑が報じられています▼問題をスクープしたのは文藝春秋。記事で紹介された府連の内部文書には、「候補者がダイレクトに議員に交付すれば、公職選挙法上は買収と言うことになりますので、京都府連から交付することとし、いわばマネーロンダリングをする」と、買収と隠ぺいの意図が露骨に書かれています▼衆院予算委員会で、この報道について問われた、同府連所属の二之湯智国家公安委員長は、資金の流れを認めました。そのうえで、自身の府連への寄付が、選挙前だけ多い理由を問われ、「選挙というのは党全体で取り組まなければならない。国会議員も党本部から党勢拡大のために政党交付金を交付されており、それを地方議員にも配布して、お互い自民党のために頑張ろうということ」と、政党助成金の存在を理由にあげました▼広島の河合夫妻による大規模買収事件でも、原資と疑われる自民党から提供された1億5千万円のうち、1億2千万円が政党助成金でした▼日本共産党は今国会に、政党助成法廃止法案を提出しています。思想・信条の自由を侵害し、政治を歪め続ける政党助成金の廃止を、真剣に検討する時です。

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る