Editors’ Choice 18歳までの医療費無料化 〈2月25日〉

 東京都の来年度予算案に、2023年度から子ども医療費助成を18歳まで拡大(現在は中学生まで)するための準備費が盛り込まれました。

 日本共産党都議団が繰り返し要望や条例提案してきたことや、医療費助成の拡充を求める都民の運動が都政を動かしました。

 東京民報の過去の記事から、共産党都議団の条例提案の動きを中心に選びました。

 ①来年度予算案に準備費を計上

 1月28日に発表の東京都来年度予算案に、医療費助成を拡充する準備のためのシステム改修費7億円がもりこまれました。

 この間の経緯や、都内の医療費助成の状況をまとめた記事です。 

 ②予算案に向けた要望でも実現を求める

 日本共産党都委員会と地方議員団が、予算案の発表を前に、東京都に行った都民要望実現の要請の記事です。地方議員から「子どもがどんな環境に生まれても、平等に医療が受けられるようにするべきだ」と、医療費助成の拡充を求める要望が出されました。

 ③2018年6月の議会で共産党都議団が条例案

 都民の運動と連携し、共産都議団は予算要望などの場で繰り返して、医療費助成の拡充を求めてきました。2018年6月に、都議会に議員提案で助成拡充の条例案を提案。藤田りょうこ都議が趣旨説明をした際の記事です。

 趣旨説明では、都の「子どもの生活実態調査」での、「自己負担が払えない可能性から医療にかからなかった」子どもの割合をもとに、助成を18歳まで拡充する必要性を論じています。

 ④2021年12月の議会でも提案

 2021年12月の都議会でも、共産党都議団は条例案を提案しています。提案について、記者会見を開いた際の記事です。

(WEB東京民報 2022年2月25日公開)

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る