Editors’ Choice 18歳までの医療費無料化 〈2月25日〉

 東京都の来年度予算案に、2023年度から子ども医療費助成を18歳まで拡大(現在は中学生まで)するための準備費が盛り込まれました。

 日本共産党都議団が繰り返し要望や条例提案してきたことや、医療費助成の拡充を求める都民の運動が都政を動かしました。

 東京民報の過去の記事から、共産党都議団の条例提案の動きを中心に選びました。

 ①来年度予算案に準備費を計上

 1月28日に発表の東京都来年度予算案に、医療費助成を拡充する準備のためのシステム改修費7億円がもりこまれました。

 この間の経緯や、都内の医療費助成の状況をまとめた記事です。 

 ②予算案に向けた要望でも実現を求める

 日本共産党都委員会と地方議員団が、予算案の発表を前に、東京都に行った都民要望実現の要請の記事です。地方議員から「子どもがどんな環境に生まれても、平等に医療が受けられるようにするべきだ」と、医療費助成の拡充を求める要望が出されました。

 ③2018年6月の議会で共産党都議団が条例案

 都民の運動と連携し、共産都議団は予算要望などの場で繰り返して、医療費助成の拡充を求めてきました。2018年6月に、都議会に議員提案で助成拡充の条例案を提案。藤田りょうこ都議が趣旨説明をした際の記事です。

 趣旨説明では、都の「子どもの生活実態調査」での、「自己負担が払えない可能性から医療にかからなかった」子どもの割合をもとに、助成を18歳まで拡充する必要性を論じています。

 ④2021年12月の議会でも提案

 2021年12月の都議会でも、共産党都議団は条例案を提案しています。提案について、記者会見を開いた際の記事です。

(WEB東京民報 2022年2月25日公開)

関連記事

最近の記事

  1.  参院選(7月10日投開票)に挑む各国政政党に対し、さまざまな社会問題に取り組んでいる市民有志のグ…
  2.  「くらしと平和に希望をもてる日本に。あなたの率直な声がもっと国会に届くよう、憲法をいかし政治を動…
  3. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  4. 狛江市長選が6月26日投開票され、元JAXA宇宙科学研究所職員で新日本婦人の会狛江支部長の周東三和…
  5. あきる野市 村木市長が議会解散  あきる野市議会から不信任決議を受けた村木英幸市長(65)は…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る