東京都 秋からパートナーシップ制度 素案示し意見募集

 東京都は同性カップルを公的に認める「東京都パートナーシップ宣誓制度」素案を14日発表し、意見募集(パブリックコメント)を始めました。都は6月の都議会定例会に制度を盛り込んだ人権尊重条例改正案を提案し、今秋の制度開始を予定しています。同制度は当事者団体が強く求めていたもので、日本共産党都議団も一貫して導入を提案してきました。

東京都庁第一庁舎

 同性カップルは公営住宅への入居や病院での情報共有など、家族として認められないのが現状です。都が昨年10~11月に行ったインターネット調査では、回答のあった6万6000人(当事者以外も含む)の7割が「パートナーシップ制度」が必要と回答しました。

 素案では、双方またはいずれかが性的マイノリティーで都内在住か在勤・在学で、「継続的に協力し合うことを約した二者」を対象者と規定。パートナー関係であることを届け出ると、都が受理証明書を発行。手続きは原則オンラインで完結します。法的拘束力はありませんが、都の各種サービスの他、都内の区市町村、民間のサービスなどで証明書を活用できるように検討します。

 意見の募集期間は3月31日まで。応募方法はインターネットのサイトにあるWEBフォーム(QRコード)か、郵送(当日消印有効、サイトから提出用紙をダウンロード)。

QRコードの画像
意見募集のWEBフォーム

(東京民報2022年2月27日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  参院選(7月10日投開票)に挑む各国政政党に対し、さまざまな社会問題に取り組んでいる市民有志のグ…
  2.  「くらしと平和に希望をもてる日本に。あなたの率直な声がもっと国会に届くよう、憲法をいかし政治を動…
  3. 1週間の状況と、人口10万人当たり増加数(東京都発表データをもとに、東京民報作成) …
  4. 狛江市長選が6月26日投開票され、元JAXA宇宙科学研究所職員で新日本婦人の会狛江支部長の周東三和…
  5. あきる野市 村木市長が議会解散  あきる野市議会から不信任決議を受けた村木英幸市長(65)は…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る