学校休業助成 実態に基づいて改善を 青年ユニオンが厚労省要請〈2022年3月6日号より〉

厚労省に要請書を手渡すユニオンの代表=2月28 日、千代田区

 新型コロナが依然として猛威を振るい、子どもたちの感染が増える中で「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等助成金」などの改善を求めて首都圏青年ユニオンは2月22日、厚生労働省に申し入れました。日本共産党の宮本徹衆院議員、倉林明子参院議員も同席し、実態に即した制度改善などを行うように求めました。

 同助成金は子どものり患や学級・学校閉鎖(保育施設などを含む)のために勤務できないなどの場合に有給休暇(年次有給休暇とは別)を取得させた際の賃金を補填する制度で、事業所が申請を行います。事業所が申請しない場合、特別相談窓口の相談を経て個人で申請が可能ですが、事業所が支給要件の確認書で「休業させた」との取り扱いを認めないために不支給となったケースがあります。また、大企業のシフト制労働者は個人申請ができない制度です。

 ユニオンは組合員に向けたアンケートでの「賃金保障がないために経済的に困窮している」との結果を示し、「育児にかかわる休業が権利化されていない」として、生活が困難だと指摘。同制度の要件緩和と対象拡大などの改善とともに、育児介護休業法の改正による〝子の看護休暇〟の抜本的な拡充を要請しました。

〈東京民報2022年3月6日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る