【 #Web東京民報 連載】東京わがまち③ 焼けた懐中時計

(墨田区横網町公園 復興記念館)

 1945年3月10日のアメリカ軍による東京大空襲で、一夜にして10万人以上の人が命を落とし、罹災者は100万人に及んだ。
 325機のB29爆撃機が、木造家屋の密集する東京下町を中心に、風の強い日を選んで、超低空から焼夷弾を投下するという大量無差別爆撃で、区部の三分の一が焼失した。
 墨田区横網町公園には、関東大震災の被災資料とともに、東京大空襲の戦災関係資料が展示されている。
 空襲で焼け焦げた懐中時計は、持ち主を失った時刻を指し止まったままだ。じっと見ていると、二度と戦争などせぬようにと、静かに訴えかけているようだ。

 写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年3月15日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1.   (江東区 亀戸天神など) 亀戸赤からし市は亀戸天神など4か所で7月から8月に4日間…
  2. 志半ばで昨年他界した仲間の写真を抱え参加する人の姿も=6月21 日、江東区  「稲盛和夫会長…
  3.  東京国税局に勤務していた原口朋弥さんは2021年6月、分限処分(ことば)で免職の辞令を交付され国…
  4.  森成麟造(1884─1955)は新潟県東頸城郡真荻平村(現上越市安塚区)の生まれ。父の章…
  5. 裁判所に向かいパレードする原告団と弁護団ら=6月20日、立川市  米軍横田基地(福生市など多…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る