フラッシュ@Tokyo 2022年3月13日号WEB版 子どもの国保、まん延防止等重点措置、抗原検査キットなど

■共産党都議団 子ども国保で条例案

 日本共産党都議団は1日、開会中の都議会第1回定例会に子どもの国民健康保険料(税)均等割を無料化する条例案を提出します。国保料(税)の均等割は、都内自治体で2021年度、加入する家族が1人増えるごとに負担が1万3000円~5万5500円(基礎分と後期分の合計)増える仕組み。負担を軽くしてほしいという国民の声の広がりを受けて、国は4月から子ども均等割の負担軽減を始めますが、対象は未就学児だけで、補助も半額にとどまります。

 条例案は18歳になる年度末までの子どもにかかる国保料(税)を減免する区市町村に対して、均等割額の全額を都が補助し、子どもの均等割負担額をゼロにするもの。対象人数は20 万人、必要となる経費は65億円を見込んでいます。共産党都議団は、財源には法人2税の大幅な税収増を充てる考えです。

■都交通局 経営計画で意見募集

 東京都は「交通局経営計画2022」(案)へのパブリックコメント(意見)を募集しています。同計画は「今後の目指すべき姿や経営の方向性を明らかに」(交通局)するもの。交通局では、この計画(案)について、広く意見を募集し、寄せられた意見を踏まえ、3月末に計画を策定する方針です。意見募集はホームページから受け付け、3月16日に締め切ります。

 都営交通に対して日本共産党都議団は、痴漢対策や女性専用車両の拡大、駅のエレベーターの2ルート目の設置、日暮里舎人ライナーの無人走行や無人駅の解消、都バスの充実などを求めています。意見はホームページの専用フォームか郵送で。

▶▶詳細はこちら

■東京都 重点措置21日まで

 東京都は首都圏3県とともに、6日に期限を迎えた「まん延防止等重点措置」を21日まで延長します。飲食店への時短要請や協力金は継続します。

 31都道府県に適用されていた重点措置は6日が期限でしたが、政府はそのうち18都道府県について、21日まで延長することを決めました。一方、新潟、広島、福岡など13の県は6日の期限で解除しました。

■東京都 検査キット配布延長

 東京都は濃厚接触者を対象にした抗原検査キットの無料配布を、3月21日まで延長します。対象は都内在住者で、新型コロナ感染の濃厚接触者(感染者から濃厚接触者として連絡を受けた人を含む)。濃厚接触者となった時点で申し込みができます。1回の申し込みで1人1キット、実施期間中1人2回まで申込が可能。申込後、2~3日で配送(郵便受け等に投函)されます。申し込みは専用ホームページから。申込数が1日4万キットに達した時点で、当日の受付は終了します。

〈東京民報2022年3月13日号より〉

 

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る