【アーカイブ】痴漢は尊厳傷つける性暴力 撲滅は男性の問題です 加害者治療に取り組む 斉藤章佳さんに聞く〈2020年7月5日号より〉

 「痴漢に遭った」という被害者に「ちょっと触られたくらいで」「隙があったのでは」などの言葉が浴びせられることも多くあります。知らない人間から性的接触を受けた恐怖で電車に乗れなくなった人も少なくありません。痴漢は人の尊厳を傷つける最も身近な性暴力で、加害者は99%が男性です。他方、テレビ番組で痴漢を取り上げる時は「被害」と一緒に「冤罪」を取り上げることが多く、より被害者を傷つけているのが実態です。「痴漢撲滅に向けてできること」を痴漢加害者の治療プログラムに13年間、携わってきた斉藤章佳さんに聞きました。

 「痴漢被害」というと満員電車内で体を触られたというイメージを持ちがちですが、「バリエーションは多岐に渡ります」と斉藤さんは切り出しました(表、グラフ)。また「痴漢行為を始めてから専門治療に至るまでの当院のデータでは週2~3回の加害行為を重ねて約8年かかっています。それまで被害者は出続け、9割が泣き寝入り」と語ります。東京都の痴漢発生件数は2800件(平成28年度警視庁発表)で、1日あたり5件の被害しかない計算になることからも明らかです。

 被害者で多いのは“小・中・高校生”。制服を着ていて従順そうで泣き寝入りしそうな、警察に訴え出なそうな人がターゲットになりやすいといいます。「露出が多いから狙われたなど、被害者の落ち度を問う自己責任論を主張する人もいますが許されることではなく、被害者の自責を促す“セカンドレイプ”に他ならない」と警鐘を鳴らします。社会的に痴漢を軽視する傾向も許されません。

大卒会社員妻子あり―痴漢の実態

 「痴漢は学習された行動」だと斉藤さんは指摘します。加害者像のイメージとして、「女性にモテそうもない未婚男性」「性欲を持て余したモンスター」などといわれるのが一般的です。しかし、治療のデータから浮かび上がる実態は、「4大卒で会社勤めをする、働き盛りの既婚男性」で、想像力や共感性が欠如していることが特徴的。「自分のパートナーや娘が同じことをされたらどう思うのか」と問うと犯罪への怒りをあらわにする一方で、同じ思いをした被害者への配慮や贖罪の気持ちを見せることがないといいます。

関連記事

最近の記事

  1. 都議会開会 来年度予算案を審議  東京都の2024年度予算案(一般会計8兆4530億円)を審…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 給食無償化 多摩・島しょにも広がる 10市1町1村が無償化 …
  3. 政策委員長としての会見で=9日、国会内  日本共産党の第29回党大会で新たに政策委員長を担う…
  4.  3年間で17種類、計2万7700冊、約3470万円分▼自民党の二階俊博元幹事長が公表した、自身の…
  5.  大田区と東京都が進める新空港線(蒲蒲線)計画をめぐって、区民らが着工見合わせを求めて「署名をすす…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る