【生活保護の現場から】助けてくれる人いなかった 生活費減り1食がやっと〈2022年3月13日号〉

「生きにくさ」を訴える小菅さん。街角 に立つ

 東京の市部で一人暮らしをする小菅和重さん(53歳、仮名)は、心身ともに疾患を抱えながら生活保護を利用して暮らしています。彼は孤独を訴え、「自分にできる仕事があれば働きたいし、結婚もしたいけれどできずに悲しい」と訴えます。なぜ、“最後のセーフティネット”生活保護を使う暮らしをするに至ったのか。憲法25条が保障する生存権の意味を問う「新生存権裁判」(*ことば)の原告として、国を相手に保護費の削減を無効と訴える胸の内を聞きました。 

 小菅さんは南九州の地に3人きょうだいの一番上として生まれました。2人の妹とは連絡も取れなくなっていると言います。父親はだいぶ前に亡くなり、母親は故郷に独居でおり何年も会えていません。

 30数年前、地元の私立大学の社会学部を卒業して、特に仕事を決めることもなく上京。フリーターとして生活を始めました。父親の反対を振り切っての決断でした。当時、芸能の仕事を夢見てエキストラの仕事などをこなしながら、最初の4年は住宅メーカーの下請け会社で土木工事などに従事。その後は日雇いのアルバイトなどで生計を立てていました。「フリーター」という言葉がもてはやされていた時代。「不安は感じなかった」と振り返ります。

 その後、バブルは崩壊。同時期に小菅さんはうつやノイローゼ、内臓疾患などにり患します。2000年頃からは複数の消費者金融から生活費を借り入れる多重債務の状態に。「借りては返す」を繰り返す自転車操業の日々の中で家賃も滞納。自己破産をせざるを得なくなりました。

 その時、弁護士から生活と健康を守る会を紹介され、生活保護を利用して暮らすようになりました。今も糖尿病、統合失調症などでの通院は続いており、治療に専念しています。

いじめ、親の借金

 「東京に行って変わりたい」。小菅さんがそう思った背景には、育った環境も影響しています。小・中・高校でイジメに遭っていたと語ります。すれ違いざまに悪口を言われたり、殴られたり蹴られたり、時には「運動会の写真を見せてきて、買えと強要」されていました。「当時、先生に相談したら、『我慢しろ。勉強で見返せ。気にしすぎだ。そのうちに収まる』と言われただけ。母親も無視すれば収まるというだけ」だったと訴えます。 「大学に入れば大丈夫」という思いも、中学時代のいじめ加害者と再会したために打ち砕かれました。「助けてくれる人はいなかった」

 家庭環境も厳しいものでした。母親がパート中に手を負傷し、治療の不備で後遺症が残り思うように働けなくなり、裁判で争うも敗訴。親も借金を抱えており、「希望する私立高校への進学もあきらめた」といいます。

 「友達もいないし、父親も厳しくてガミガミ言うから、部屋にこもってラジオを聞くのが楽しみだった」という青春時代でした。

孤独とバッシング

 小菅さんは現在、「知り合いはいても、友達はいない。たまに1人でカラオケに行くことが唯一の楽しみ」だと話します。

 生活扶助費が月額7万7240円、光熱費や通信費、交通費を差し引くと手元に残るのは3~4万円。急な出費を考慮すると、「1日1食がやっとで、賞味期限切れのものでも承知で食べる。エアコンは電気代を考えるとほとんど使わない」のが実状です。

 「この10数年で消費税は引き上げられ、食べていくのに限界を感じている。政府はデフレというけれど、食料品はどんどん値上がりしている。生活費が減らされ、支出は減っている。体が弱って自炊ができなくなったらどうなるのか」と不安を訴えます。

 新生存権裁判をたたかう思いを、「生活保護を利用していることを知られると“税金泥棒”などとバッシングされる。忌み嫌われて、差別、偏見にさらされて悪口や嫌がらせの対象にされる。悲しい気持ちになる。でも裁判に勝つことが一つの希望になる」と語ります。

*ことば
新生存権裁判:国を相手取り、2013年からの3年間に渡る「デフレを理由にした生活保護費の削減は無効」と訴えている集団訴訟

〈東京民報2022年3月13日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る