神宮再開発「都政の民主主義問われる」共産党・原田あきら都議〈2022年3月20日号より〉

政治家関与を追及

 原田あきら都議は、予算特別委員会で、樹齢100年を含む1000本の樹木を伐採し、高さ185㍍と190㍍の超高層ビル2棟、商業施設、ホテルなどを建設する神宮外苑の再開発計画(新宿、渋谷、港区)について、都民から見えない政治家の関与も指摘し、「都政の民主主義、地方自治のあり方が根幹から問われる大問題だ」と、追及しました。

 この問題を巡っては、世界遺産の保護・保存に取り組む日本イコモス国内委員会が計画見直しを求める意見書を知事・都議会議長に提出する中、東京都都市計画審議会は計画を承認(2月9日)。しかし、その後も6万人に上る同趣旨の署名が都に提出されています。

 原田都議は「こうした反対や疑問の声、6万人に及ぶ署名の重さを、どう受け止めているのか」と質問。小池知事は樹木を「極力保存または移植し、事業を進めることとしている」「今回の計画により次世代につなげていくことは、創建の趣旨にかなったものだ」とのべ、計画を見直す考えはないとしました。

デッキ通路、階段も緑地に

 原田都議は石川幹子中央大学教授の調査をもとに作成した、樹木が実際に伐採される地図を提示。神宮外苑のシンボル的存在のイチョウ並木の一部も含め、1904本のうち1000本以上が伐採・移植されるとして、「森は重大な規模で痩せ衰えることになる」と指摘。上野雄一技監は、「従来より緑の量を増加させる」と強弁しました。

 原田都議は「緑地」を増やすというが、その中に、建物脇や屋上の小さな植栽だけでなく、デッキ通路、エレベーターや階段も含めていると追及。上野技監は、これを認めました。

年間4万7千トンのCO

 原田都議は今回の開発で年間4万7000㌧ものCO2(二酸化炭素)が発生し、これを森林で吸収するには新宿区3つ分の面積の杉林が必要になると指摘。小池知事の考えをただしましたが答えず、上野技監が「(事業者が)将来の技術革新の動向も見据え、新たな省エネ技術、再生可能エネルギーを積極的に活用するなど、CO2の排出削減を図っていく」と弁明。

 原田都議は「脱炭素化」や「東京の緑を守る」と表明した小池知事の施政方針に、「真っ向から反する」と批判しました。

 同再開発では、老朽化を理由に秩父宮ラグビー場(港区)と神宮球場(新宿区)を建て替える計画ですが、その際、両施設の土地を交換します。神宮球場は地下鉄・外苑前駅(港区)に近づき、商業的に有利になると見られ、事業者の三井不動産が185㍍の超高層ビルを建設します。190㍍ビル建設の事業者は伊藤忠です。ここは本来、容積率の制限で100㍍を少し超えるぐらいのビルしかたたない場所です。

 原田都議は容積率の不足を解消するために、都市計画公園である明治公園の敷地から、公園の区域外に容積率を配分するという、過去に例を見ない対応をとったと追及。都にそのことを認めさせました。

 その上で、「都市計画公園という都民の共有の財産から容積率を移転するというやり方を、神宮外苑再開発で利益を得る人たちのために初めて適用した。開発事業者や土地所有者に至れり尽くせりの計画だ」とのべました。

サブトラ計画立ち消えの怪

 再開発計画を巡って不可解なことは、他にもあります。東京オリンピックで巨費を投じて建て替えることになった新国立競技場とともに、常設サブトラック(出場選手が調整やウオーミングアップに使う補助競技場)の設置計画がありました。五輪大会を含む国際大会や日本選手権などの公式競技の会場として使用するには不可欠の設備だからです。ところが2015年8月に政府が突然、仮設にすると発表、陸上界から戸惑いの声が上がった経緯があります。さらにサブトラックの他にも、この超高層ビルを建設するために、市民が気軽に使用できる軟式野球場、ゴルフ練習場、フットサル場が廃止されます。

都が森氏に説明した再開発計画地の地図。肝心な部分が黒塗りに(共産党都議団が開示請求で入手)

 原田都議は常設サブトラック計画がいつ、なぜ立ち消えたのかと質問。上野技監は理由について「設置する空間余地がなくなった」とのべ、都が同計画を検討していた事実を初めて認めました。

 「重大答弁だ」として、原田都議が提示したのは、神宮球場や秩父宮ラグビー場が位置する部分が真っ黒に塗られた神宮外苑の再開発地域の地図(上図)。共産党都議団が情報開示請求で入手したもので、10年前に都幹部職員が当時衆院議員だった森喜朗氏を訪ねて神宮外苑再開発計画について説明した資料です。その時は黒塗り部分はありません。

 「取扱注意」と記された別の資料には、その際に交わされた生々しい会話が記録され、神宮球場とラグビー場の入れ替えのメリットとして「明治神宮所有地の商業的な利用増進」も語られていました。説明を聞いた森氏は「すばらしいよ。あと15年は長生きしないと」と大喜びした様子も。

 一方、都作成の再開発後の地図には、超高層ビルに隣接して大きな広場があります。2棟の超高層ビルを建てるためには制度上、広場の整備が必須条件になっているからです。原田都議はサブトラックの設置計画が立ち消えになった本当の理由は、「超高層ビル建設を優先したためではないか」追及しました。

森元首相の肝いり計画

 「こんな計画がなぜ、問答無用で進められるのか」。その理由について原田都議は、「森喜朗元首相・元東京オリンピック組織委員会元会長の肝いりの計画だからに他ならない」と指弾しました。

 上野技監は黒塗り部分の説明を拒否する一方、森氏との面会は認めました。原田都議は「住民や都市計画審議会には、ろくな資料も提示せず、一方では政治家や一部企業とは懇切丁寧に計画を練ってきたことが、今日の質疑で明らかになった」と強調。反対署名を集め知事に届けた高校生の「木の命を犠牲にして建設するのはやめてほしい。私たちの未来のことも考えて決めてほしい」との言葉を紹介し、「若者の未来を奪うこのような計画を絶対に決定をしてはなりません」と訴えました。

〈東京民報2022年3月20日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.   (江東区 亀戸天神など) 亀戸赤からし市は亀戸天神など4か所で7月から8月に4日間…
  2. 志半ばで昨年他界した仲間の写真を抱え参加する人の姿も=6月21 日、江東区  「稲盛和夫会長…
  3.  東京国税局に勤務していた原口朋弥さんは2021年6月、分限処分(ことば)で免職の辞令を交付され国…
  4.  森成麟造(1884─1955)は新潟県東頸城郡真荻平村(現上越市安塚区)の生まれ。父の章…
  5. 裁判所に向かいパレードする原告団と弁護団ら=6月20日、立川市  米軍横田基地(福生市など多…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る