【 #Web東京民報 連載】東京わがまち⑥ 新緑につつまれて

 

 (八王子市、高尾山)

 高尾山は、標高599mながら、自然林が広く残る貴重な山。生物相が豊かで、野鳥や昆虫など四季を通じ観察でき、自然の宝庫だ。圏央道を通すため、山腹にうがたれたトンネルが痛々しい。もう、こんな自然破壊は何としてもお断りだ。
 春の山は、柔らかな新緑につつまれ、すがすがしい。深山でしか自生しないブナの木の美しい新緑は、高尾山ならではのもの。
 タチツボスミレや白いシャガの花咲く登山道を、小学生が何組も列を組んで、登ってきた。山頂は桜の花が咲き、お弁当を広げる人たちでいっぱいだ。都心からたった1 時間の高尾山、連休前にぜひどうぞ。

 写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年4月5日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1.   (江東区 亀戸天神など) 亀戸赤からし市は亀戸天神など4か所で7月から8月に4日間…
  2. 志半ばで昨年他界した仲間の写真を抱え参加する人の姿も=6月21 日、江東区  「稲盛和夫会長…
  3.  東京国税局に勤務していた原口朋弥さんは2021年6月、分限処分(ことば)で免職の辞令を交付され国…
  4.  森成麟造(1884─1955)は新潟県東頸城郡真荻平村(現上越市安塚区)の生まれ。父の章…
  5. 裁判所に向かいパレードする原告団と弁護団ら=6月20日、立川市  米軍横田基地(福生市など多…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る