運動で都政を前へ 革新都政の会が総会〈2022年3月27日号〉

活動方針案を提起する中山氏=18日、豊島区

 革新都政をつくる会は18日、定期総会を豊島区内で開き、市民と野党の共闘を発展させ、「暮らしと命を大切にする都民が主人公の都政実現」を目指す活動方針を決めました。

 木下雅英代表世話人(都教組)が開会あいさつし、「ロシアの侵略は最悪の人権侵害で、核兵器による脅しも許されない」と糾弾するとともに、「この機に乗じた改憲の動きを許すわけにはいかない」と指摘。東京での市民と野党の共闘の発展に触れ、「政治を変える希望が生まれつつある」と語りました。

 来賓あいさつで弁護士の宇都宮健児さんは夏の参院選について、「衆院で3分の2の議席を得た改憲勢力に、参院でも3分の2を取らせない。そのために重要なたたかいになる」と語りました。

 日本共産党の尾崎あや子都議が都議会報告しました。尾崎都議は、コロナ禍のもとで都立・公社病院を地方独立行政法人化しようとする小池都政を、開会中の都議会定例会の論戦も紹介しながら批判。あわせて、来年度予算案に18歳までの医療費無料化の検討が盛り込まれたことや、都立高校でツーブロック禁止の校則が全廃されることなど、「都民の運動こそが、都政を前向きに変えていく」と強調しました。

 中山伸事務局長が活動方針案や予算案を提起。参加者の討論では、ロシアの侵略に抗議する各分野の取り組みや、病院独法化に反対する運動、参院選に向けた活動などについて発言がありました。

〈東京民報2022年3月27日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.   (江東区 亀戸天神など) 亀戸赤からし市は亀戸天神など4か所で7月から8月に4日間…
  2. 志半ばで昨年他界した仲間の写真を抱え参加する人の姿も=6月21 日、江東区  「稲盛和夫会長…
  3.  東京国税局に勤務していた原口朋弥さんは2021年6月、分限処分(ことば)で免職の辞令を交付され国…
  4.  森成麟造(1884─1955)は新潟県東頸城郡真荻平村(現上越市安塚区)の生まれ。父の章…
  5. 裁判所に向かいパレードする原告団と弁護団ら=6月20日、立川市  米軍横田基地(福生市など多…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る