運動で都政を前へ 革新都政の会が総会〈2022年3月27日号〉

活動方針案を提起する中山氏=18日、豊島区

 革新都政をつくる会は18日、定期総会を豊島区内で開き、市民と野党の共闘を発展させ、「暮らしと命を大切にする都民が主人公の都政実現」を目指す活動方針を決めました。

 木下雅英代表世話人(都教組)が開会あいさつし、「ロシアの侵略は最悪の人権侵害で、核兵器による脅しも許されない」と糾弾するとともに、「この機に乗じた改憲の動きを許すわけにはいかない」と指摘。東京での市民と野党の共闘の発展に触れ、「政治を変える希望が生まれつつある」と語りました。

 来賓あいさつで弁護士の宇都宮健児さんは夏の参院選について、「衆院で3分の2の議席を得た改憲勢力に、参院でも3分の2を取らせない。そのために重要なたたかいになる」と語りました。

 日本共産党の尾崎あや子都議が都議会報告しました。尾崎都議は、コロナ禍のもとで都立・公社病院を地方独立行政法人化しようとする小池都政を、開会中の都議会定例会の論戦も紹介しながら批判。あわせて、来年度予算案に18歳までの医療費無料化の検討が盛り込まれたことや、都立高校でツーブロック禁止の校則が全廃されることなど、「都民の運動こそが、都政を前向きに変えていく」と強調しました。

 中山伸事務局長が活動方針案や予算案を提起。参加者の討論では、ロシアの侵略に抗議する各分野の取り組みや、病院独法化に反対する運動、参院選に向けた活動などについて発言がありました。

〈東京民報2022年3月27日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党都委員会は11日午後2時から、統一地方選勝利に向けたオンライン東京演説会を開き…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 一般会計 過去最大8兆円超 都民支援本気見えず 東京都が23…
  3. 綾とおる氏  新島村議選(定数10)が1月31日に告示(5日投票)され、日本共産党の綾とおる…
  4. 週間アクセスランキング(1月23日~1月29日)① 世界の人も「樹木守って」神宮外苑 外国人観光客に…
  5. 花粉飛散 昨春の2.7倍  今春の都内のスギ・ヒノキの花粉の飛散量は、昨春の2.7倍、過去1…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る