【 #Web東京民報 連載】東京わがまち⑦ つつじまつり

(文京区 根津神社)

2000坪のつつじ苑に100種3000株のつつじが咲き競い、実に見事。赤、白、ピンクと彩りも鮮やかだ。花は、早咲きから遅咲きと移り変わり、文京つつじ祭りの期間中(5月6日まで)楽しめる。

 平日でもたくさんの人が訪れ、つつじよりも人の方が多いのでは、と思うほど。入り口には甘酒茶屋、社殿脇から裏手まで、植木市や露店が連なる。日曜、祝日には境内で、権現太鼓や演芸も行われる。

 一歩鳥居の外に出れば、そこは谷根千。どの路地に入っても下町らしい風情や情緒が味わえる。せめて駅まで、方向だけ決めての路地裏散歩と決め込みたい。

写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年4月12日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1.   (江東区 亀戸天神など) 亀戸赤からし市は亀戸天神など4か所で7月から8月に4日間…
  2. 志半ばで昨年他界した仲間の写真を抱え参加する人の姿も=6月21 日、江東区  「稲盛和夫会長…
  3.  東京国税局に勤務していた原口朋弥さんは2021年6月、分限処分(ことば)で免職の辞令を交付され国…
  4.  森成麟造(1884─1955)は新潟県東頸城郡真荻平村(現上越市安塚区)の生まれ。父の章…
  5. 裁判所に向かいパレードする原告団と弁護団ら=6月20日、立川市  米軍横田基地(福生市など多…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る