緑と住環境の破壊許さず 世田谷区 二子玉川でマンション紛争〈2022年4月3日号〉

 多摩川風致地区や鳥獣保護地区に指定されている多摩川沿いの住宅地、世田谷区玉川で、マンション建設をめぐり環境保全の観点や建設事業者の不誠実な態度への不信感から、住民が反対の声を上げています。

 かつて葛飾北斎が富岳百景に描いたように、多摩川周辺は松林が広がり、桜並木や竹林などの植物に恵まれた緑豊かな地域でした。

 2000年に総面積約11.2ヘクタールにわたる大規模な二子玉川東地区市街地再開発が定められ、東急・二子玉川駅の東側に高さ100メートルを超す巨大ビルが登場。都市化が進み、街は様変わりし、多くの自然が消失しました。

5階建てマンション建設計画地=3月20日、世田谷区

 問題のマンションは、不動産会社の環境ステーション(中央区)が建築主となっている5階建て(高さ14.7メートル)、ワンルーム29戸の建築物。河川沿いの道路を正面に、三方は2階建ての住居に囲まれています。第二種風致地区に当たるため、「周辺建造物群のスカイラインとの調和に配慮し、著しく突出した高さの建造物は避ける」など、細かい建築基準が区で決められていますが、5階建てが「著しく突出した高さ」に値するのか、事業者との認識の差に、住民は複雑な思いを抱いています。

 草木が茂る当該地を更地にするため、事業者は風致地区の条例にのっとり、20年8月19日に伐採の許可申請書を提出。わずか2日後に区から許可が下り、伐採工事が始まりました。住民が許可申請書を確認すると、事実と異なる樹木数や粗雑な植樹計画図が記されていることが判明。担当者にただしたところ、「正確な本数の記載は必要ないと区から指導を受けた」と答えました。「手続きの流れの中に住民が意見できる機会がなく、ずさんなやり方がまかり通っている。これで自然が守れるのか」と住民は語り、風致地区条例の形骸化を危惧します。

関連記事

最近の記事

  1.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  2.  日本共産党の曽根はじめ都議は5日の都議会一般質問で、防災を口実に、住宅街や商店街を分断する幹線道…
  3.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  4.  東京都が公立学校に配置するスクールカウンセラー(SC)約250人を3月で「雇い止め」にした問題で…
  5. 要求を全国から持ち寄った参加者=5月28日、千代田区  「(看護学校で学ぶ)若い学生のたんぱ…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る