都立高入試 会話テスト導入見直しを 研究者、保護者らが集会

 東京都教育委員会が2023年度の都立高校入試から予定する英語スピーキング(会話)テストについて、公平性や客観的な採点に疑問があるなどとして導入見直しを求める集会が3月29日、都議会内(新宿区)で開かれました。オンラインを含め 150人を超える人たちが参加しました。英語の研究者や教育者らでつくる実行委員会が主催しました。

都立高校入試への英語スピーキングテスト導入の見直しを求めて開かれた集会=3月29日、都議会棟

「客観的な採点に疑問」

ベネッセが実施

 都教委が実施しようとしている英語スピーキングテスト(ESAT‐J=イーサットジェー)は、「『話すこと』の能力を測るアチーブメントテスト(編集部注=学力テスト)」を名目に、大手教育関連会社のベネッセコーポレーション(ベネッセ、本社・岡山県)と協定を結び、来年度の都立高校入試から導入するというもの。今年7月下旬から9月上旬にウェブによる申し込みを受け付け、11月に全公立中学校の3年生(約8万人)を対象に実施します。

▶問題1 公平採点に膨大な手間

 集会では元公立中学校の教員が問題提起。公平で客観的な採点のためには膨大な時間と手間が必要なことを、研修を受けた自らの体験に触れて説明。「採点者間のすりあわせがどこまでできるのか疑問だ」とのべ、音声データのため採点ミスがあっても情報開示できずブラックボックス化する危険や、吃音、難聴などハンディーのある生徒への対応不備―などの問題点をあげました。

 さらに▽授業と英語教育への弊害▽家庭の経済格差による学力格差を生む▽個人情報漏洩の危険性と利益相反の問題▽コロナ禍で生徒や学校現場への更なる負担増―など、数々の問題を例示。「話す力は生身の人間の豊かな感情や表現を伴った英語に触れたときの感動がなければ、学び続ける意欲にはつながらない。ぜひ見直しを」と訴えました。

▶問題2 全プロセスがブラックボックス

 羽藤由美・京都工芸繊維大学教授(当時)は、都教委のテスト実施方針について解説。試験実施団体は受験料を収入源として独立採算で運営し、都が財政支援することや、今後、私立高校や道府県にも広げ、聞く、読む、書くにも広げようとしていると説明。「新たな民間の資格・検定試験の立ち上げ費用を都が負担し、その新商品の販売拡大ためのプロモーションを都教委が行い、事業者は独立採算で利潤も損益も事業者のものだ」とのべました。

 また、「受験者にとっては受験からスコアを受け取るまでのプロセスは全てブラックボックス。その中には『テストの質、公正性・公平性』と『事業者の利潤』との間でトレードオフ(相容れない関係)がある」と強調。「ブラックボックスの中で何が行われているかを外から推測しても、事業者は独自のノウハウであることを隠れ蓑にして情報を秘匿し、議論は成立しない」と指摘しました。

▶問題3 手続きないがしろ

 久保野雅史・神奈川大学教授は、英語を話す力を身につけるという「『実体的正義』を振りかざして、『手続的正義』をないがしろにしていいわけがない」とのべ、スピーキングテスト導入と実施業者にベネッセが選定された背景や過程について説明。

 民間事業者が英語教育に参入する契機となったのは「政治主導の教育『改革』にある」とのべ、第一次安倍晋三内閣の教育基本法の改定(2006年)で、「国が教育内容をコントロールすることを決めたからだ」と分析。第二次安倍内閣の第二期教育振興基本計画(2013年)で示された小学校外国語の教科化や、「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」(同年)による「英語力改善のための『英語力調査事業』」をベネッセが請け負ったことなどを紹介しました。

 都では2013年6月の東京英語教育戦略会議に産業界有識者としてベネッセが加わっていたこと、2017年12月の「都立高校入学者選抜英語検査改善委員会」で、「話すことの検査は、民間の資格・検定試験実施団体の知見を活用することが有効」と報告し、2019年3月に事業者を募集し、実質3日間で応募のあった4件からベネッセを最優秀提案者に決定した経緯を解説しました。

参加者が討論 親としてやりきれない

 討論では「入試改革を考える会」の大内裕和さんが、テストの不受験者について、学力検査の英語の得点から仮の結果を求め、総合得点に加算するという扱いに「根本的矛盾がある」と問題視。東京教育連絡会の増田啓介さんは「保護者や子どもたちが望んだテストではない。願いは先生の数を増やすことや、少人数学級に予算を使ってほしいということだ」と発言。都立高校を昨年受験した保護者の塘岡裕紀さん(新日本新婦の会大田支部)は、「1点2点を争う中でスピーキングテストの結果がものすごく重要になるのに、公平性に問題のあるテストで合否が左右されるのは親としてやりきれない。この問題を広めて何とか中止させたい」と力を込めました。

 日本共産党のとや英津子、里吉ゆみ、斉藤まりこの各都議、立憲民主党の竹井ようこ、グリーンな東京の漢人あきこ、生活者ネットの岩永やす代の各都議も参加。とや都議はあいさつで、2020年3月の予算特別委員会で星見てい子都議(当時)がスピーキングテストの問題を取り上げたことを紹介。「真に英語力をつけるには少人数学級の実現など、英語を楽しく学べる教育環境が必要。スピーキングテストを中止させるために、みなさんと力を合わせて頑張ります」と表明しました。

 集会の最後に、スピーキングテストの導入中止を求めるネット署名(Change.org)への協力が呼びかけられました。4月4日現在9300人を超え、4月12日に都教委に提出する予定です。

*スピーキングテスト* 
受験者一人ひとりに提供されるタブレット端末の映像とイヤホンを通して聞こえる音声によって出題され、マイクに向かって答えます。録音した回答音声をベネッセが提携するフィリピンの組織(学力評価研究機構)に送り、45日間で全て採点し、1月中旬に結果(スコアレポート)を返却します。採点は100点満点を6段階(A~F)で評価し、Aが最高20点の換算点で、総合得点に加点されます。スコアレポートにより総合得点は通知されますが、どの設問で何点とったのかという採点内容は通知されません。

2022年4月10日号より

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る