上映の運動、津々浦々で 侵略反対の思い、若い世代に 伊藤千代子描く「わが青春つきるとも」に出演 嵐圭史さん〈4月24日号より〉

 日本の侵略戦争に反対して、人民主権や男女平等を求めてたたかい、治安維持法のもとで逮捕、拷問され、24歳で亡くなった戦前の日本共産党員、伊藤千代子の生涯を描く映画「わが青春つきるとも」が公開され、各地で上映が始まりました。出演者の一人でもある俳優の嵐圭史さんは、全国をまわり、若い人たちにこの映画をみてもらうための上映会を、と訴えています。

 ―公開された映画の感想を教えてください。

 桂壮三郎監督の見事な手腕で、まさに「映画を知り尽くした」方の作品です。一つひとつの場面の絵が揺るぎない。厳しい内容を描きながら、見終わった後は実にさわやか。まさに青春ドラマです。

 もう一つは、藤田廣登さんの原作(増補新版「時代の証言者 伊藤千代子」)が徹底的な調査で、実証的に千代子の生涯を明らかにした力を感じました。映画のシナリオも、生き残った人たちの手記や獄中記などをもとにしているからです。

 そして、出演者がみんな素晴らしい。どの出演者も、あの時代を生きて、監督の求めに応じてドラマの世界を作り上げています。

 日本共産党が100周年を迎える、その年に完成をみたこの映画は、奇跡といってよいかもしれません。

 しかも現在、ウクライナにロシアが侵略しています。日本の侵略戦争に、命懸けで反対した人たちがいたことを、多くの人に知ってもらう、絶好の映画でもあります。

「次の世代に、共産党の運動をつないでいくことにも大きな力を発揮する映画です」と話す圭史さん

シナリオにないシーン

 ―圭史さんの出演の経緯は。

 しんぶん赤旗で、伊藤千代子の映画の制作運動が北海道の苫小牧で立ち上がったという記事を読んだのがきっかけでした。苫小牧は、千代子の夫の浅野晃が、戦後、千代子との関わりを隠して、人生を過ごした場所です。

 私も何か協力をと、地元の方に連絡したら、桂監督からすぐに電話をいただきました。

 私は、出演は「通行人」でも構わないので、むしろ「勝手連」で、上映運動を広げるためのお力になりたいと監督に言ったんです。そうしたら、シナリオにはないワンシーンをつくってくれたんですよ、老人役で。ですから、あのシーンだけは史実ではありません(笑)が、映画出演も含めて協力でき、とても喜んでいます。

 ―今、千代子の映画を見てもらう意義をどう感じておられますか。

 私自身、この映画に関わるなかで、改めて学ばされたのが、大正デモクラシーの大きな力です。

 日本共産党が創設されるのが大正11年(1922年)で、中條百合子(後の宮本百合子)が中央公論に「貧しき人々の群れ」を発表するのがその6年も前です。このような作品を受け入れる読者層が、それだけいたということでしょう。

映画「わが青春つきるとも」監督・製作:桂壮三郎

 あの時代、民衆や人民といった言葉は、一般的に結構、馴染みのある言葉でした。私が長く在籍した前進座も、伊藤千代子獄死(昭和4年=1929年)の2年後、昭和6年に結成した際の綱領に「広範な民衆の進歩的要求に適合する演劇の創造に努力する」と書いています。

 大正デモクラシーで大きく運動が発展したからこそ、それを恐れた権力者層は大正14年に治安維持法をつくり、激しい弾圧を加えたのです。

 戦争を阻止するために、人民の主権を掲げた人たちがいかに過酷な弾圧を受けたのか。歴史の真実を多くの青年に知ってほしいと思います。

大風呂敷を全都、全国で

 ―全国をまわって上映運動を呼びかけられていて、どんなことを感じましたか。

 今回の映画は、10万円の拠出で、映画を1回、上映する権利を獲得できる仕組みで、「チケットの前売り活動」とは違うんですね。100人の呼びかけ人が千円ずつ出資すれば10万円です。

 その100人のメンバーに若い人々を結集できる仕組みをぜひ作ってほしい。そして、その世代ならではのセンスと情熱で、周りの友や知人に上演の輪を大きく広げられたら、どんなに大きな力になるでしょう。そんな大風呂敷を広げて、嵐圭史ひとりの「勝手連」で全国に足を運んでいます。

映画「わが青春つきるとも」監督・製作:桂壮三郎

 でも昨年、長野県上演実行委員会の発会では胸を打たれました。長野県一県で目標額2千万円、つまり200カ所で上映しようとの「志の高さ」です。このとき、「風呂敷」もまんざらではないな、と一人納得しました(笑)。

 「志」こそ、千代子のキーワードですよね。

 沖縄での上映実行委員会に参加したときには、千代子と同じように、1928年3月15日の日本共産党への大弾圧で、教職員組合の結成大会の中心を担った若者がつかまり、2人が獄死や精神を病むなどして亡くなったと聞きました。千代子と同じような戦いが、全国各地にあった。

 戦前の「暗黒の時代の真実」を知ることは、いまの「時代の真実」を知ることにもなります。映画「わが青春つきるとも」は、次の世代に、共産党の運動をつないでいく上からも大きな力を発揮するでしょう。

 参院選での若者の投票率3%アップで社会は劇的に変わります。全国津々浦々で、心ある議員の方たちそれぞれの地域で、この映画の活用を心より願っています。

(東京民報2022年4月24日号より)

関連記事

最近の記事

  1.  日本共産党都委員会は11日午後2時から、統一地方選勝利に向けたオンライン東京演説会を開き…
  2. 1面2面3面4面 【1面】 一般会計 過去最大8兆円超 都民支援本気見えず 東京都が23…
  3. 綾とおる氏  新島村議選(定数10)が1月31日に告示(5日投票)され、日本共産党の綾とおる…
  4. 週間アクセスランキング(1月23日~1月29日)① 世界の人も「樹木守って」神宮外苑 外国人観光客に…
  5. 花粉飛散 昨春の2.7倍  今春の都内のスギ・ヒノキの花粉の飛散量は、昨春の2.7倍、過去1…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る