【 #Web東京民報 連載】東京わがまち⑨ 波と追いかけっこ

(新島村式根 石白川海岸)

式根島は、東京竹芝桟橋からジェット船で3時間ほど。島旅の良さは、なんといっても、着いてしまえばあとは気ままに、のんびりゆったり過ごせることだ。

 青い空、白い雲、海を見ながら、海浜の雅の湯や地鉈温泉などの露天風呂につかれば、日ごろの疲れもいっぺんに吹き飛ぶ。ハイキングもよし、釣りもよし。歩きや自転車で島内どこにでも行け自然が味わえる。神引展望台からは、富士山や、八丈島を除く伊豆七島各島が見渡せる。足元の神引浦、中の浦は透き通り、心が吸い込まれそうだ。

 石白川海水浴場の白い砂浜では、日暮れまで波と追いかけっこをしていた。

写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年4月26日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1.  「世界の有力国で、将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった」▼情報公開された文書やインタ…
  2. 8 月、子どもたちとのぶどう狩りで  「園でどんぐりの闇取引が横行しているらしく、息子が毎日…
  3. NEXCO東日本の対応について記者会見で話す被害住民ら=11日、調布市  東名高速道路と関越…
  4.  日中友好協会港支部は11日、アイヌ文化の継承活動を精力的に行っている若手の活動家・関根摩耶さんと…
  5.  この本は、良心的な心の糧になる本を出し続けている本の泉社が、山本周五郎の「人情ものがたり」を描い…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る