写真と絵でめぐる全生園 ハンセン病を知る企画開催〈2022年4月17日号〉

写真や絵が物語る展示会場=東村山市

 ハンセン病問題を知る企画「写真と絵でめぐる多磨全生園」が東村山市立中央公民館で3月29日から4月10日まで行われました。

 「写真家・黒﨑彰が見つめた20年」と題した写真展の他、美術家・田川誠さんと深澤慎也さんがハンセン病をテーマに描いた絵画作品も展示されました。

 模擬授業や時間を気にせず調べ学習ができる学習コーナーには、黒﨑さんを紹介した「東京民報3月27日号」も展示されていました。消し去れない差別・隔離の歴史と消し去られようとする風景が物語る展示には多くの人が訪れていました。

〈2022年4月17日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る