憲法改悪を許さない 共産党都委 2万5千人分の署名提出〈2022年5月1日・8日合併号〉

 日本共産党東京都委員会は4月20日、「憲法改悪を許さない全国署名」の第2回国会提出行動を行いました。同都委員会と都内各地区委員会の代表が参加し、2万5205人分の署名を田村智子、山添拓、吉良よし子の各参院議員、笠井亮、宮本徹の両衆院議員に手渡しました。同署名提出数は累計で3万3401人分となりました。

共産党千代田区議団のメンバーなどから署名を受けとる国会議員ら=20 日、千代田区

 関口達也同都委員会書記長が、自民党がウクライナ危機に乗じて日本を軍事対軍事の道に引き込む危険な動きをしていると指摘。日本共産党への国民の疑問に答える「はてな」リーフを紹介し、「左手に憲法署名、右手に『はてな』リーフを持ち対話を広げよう」と訴えました。

 国会審議をぬって各国会議員が駆け付け、あいさつしました。参院憲法審査会委員の山添氏は自民党や維新の会が、国会で憲法審査会が開かれる中で改憲論議を進めようとしていると報告。「今度の参院選では平和と憲法9条が正面から問われている。憲法を守り生かす政治のために一緒に力を合わせよう」と呼びかけました。

 田村氏が「ウクライナ問題で、無法なロシアに対して平和と国際秩序をしっかりつくっていくことが求められていると、確かな立場で訴えられるのは日本共産党だけ。この党が大きくならなければだめだとはっきりしてきた」とあいさつしました。地域ごとに署名を各議員に手渡した後、活動を交流しました。

〈2022年5月1日・8日合併号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る