共産党都議団 検査能力強化を要請 コロナ警戒期間延長で〈2022年5月15日号〉

 日本共産党都議団は4月26日、都が新型コロナウイルスのリバウンド警戒期間を5月22日まで延長したことを受け、検査能力の強化や事業者の営業を支える補償などについて、小池百合子知事宛てに申し入れました。応対した黒沼靖副知事は「要請の趣旨は知事に伝える。まだ予断を許さない状況。直すべき点は直したい」と答えました。

黒沼副知事(左から4人目)に申し入れる日本共産党都議団=4月26 日、都庁

 申し入れでは、都のモニタリング会議( 21日)も「(新規陽性者数が)十分に下がりきらないまま増加に転じることに、引き続き警戒が必要」としたことを紹介。ウイルスの感染力がより強い変異株「BA・2」に置き換わり、予断を許さない中、「第6波では検査体制の不十分さが浮き彫りになった。対策強化が必要だ」と強調。警戒期間延長で飲食店の営業制限が残っているとして、「営業の下支え対策が求められている」と提起しました。

 申し入れ内容は▽検査能力を強化する新しい目標を明確にする▽PCR検査無料化事業の実施箇所数を増やす▽陽性者が出た高齢者施設に減収補てんする▽都立・公社病院の独立行政法人化を中止する▽事業者の事業継続や暮らしを支える補償を行う▽補正予算を編成する―ことなど。

〈東京民報2022年5月15日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る