狛江市長選 周東氏を擁立〈2022年5月29日号〉

決意を語る周東氏

 狛江市長選(6月19日告示、26日投票)で、日本共産党も参加する「豊かな狛江をつくる会」は、新日本婦人の会狛江支部長の周東(しゅうとう)三和子氏(75)=無所属、新=を擁立します。

 周東氏は「市民参加と協働を進め、市民自治の市政」を目指すと語っています。

 同市長選には現職の松原俊雄氏(70)も立候補を表明しています。

〈2022年5月29日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る