神宮再開発 小池知事が事業者に要請 批判無視できず〈2022年6月5日号〉

 神宮外苑地区の再開発計画で小池百合子知事は5月26日、三井不動産など事業者4者に対して、「都民の共感と参画を得ながら推進するよう」文書で求めました。同再開発を巡っては、情報公開の不足やシンボルのイチョウ並木をはじめ多くの樹木が伐採されることなどへの厳しい批判を招いています。今回の要請は計画を認めた都への批判をかわす狙いがあるみられます。

 再開発計画の見直しを求めるネット署名には、5月30日現在8万人を超える賛同が寄せられ、ユネスコの国内諮問機関「日本イコモス国内委員会」は、伐採樹木を2本に減らす代替案を提案しています。5月26日に開かれた再開発の環境影響を話し合う「都環境影響評価審議会」の部会では、専門家委員から事業者の説明への苦言が相次ぎ、結論を持ち越す異例の事態となりました。

 要請文書は今ある樹木について「極力保存または移植すること」「いちょう並木の保全には万全を期すこと」など、6項目にわたり求めています。

〈東京民報2022年6月5日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る