【 #Web東京民報 連載】東京わがまち⑯ 梅雨

(台東区 上野公園)

 上野の森は芸術の森。動物園の先から寛永寺にかけて、博物館に美術館、国際子ども図書館に煉瓦造りの芸大校舎、木造の奏楽堂など多種多彩な美術、音楽、文化施設がこの森に集まっている。
都美術館の窓からは、梅雨の到来でいっそう青々とした樹木、煉瓦造りの上野動物園の旧正門が見える。あたりは、静けさに満ち、雨音と鳥のさえずりしか聞こえない。いつもは元気いっぱいの子どもたちの姿も、雨で人影は無い。雨脚の増した道を、楽器を肩に赤い傘をさした学生が、旧東京音楽学校の奏楽堂の方へゆっくりと歩いて行った。
 私の頭の中で、雨をテーマにしたさまざまな楽曲が浮かんでは消えた。

写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年6月21日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1.  憲法9条を守る運動のシンボルとして、府中市にも「9条の碑」をつくろう―。40年目を迎えた「けやき…
  2.  「年収200万円で家族を養えますか。値引きシールが貼られるまでお肉は買えません」―自治体で働く会…
  3.  ひきこもり支援を標榜する“引き出し屋”に暴力的対応を受けた原告男性(30代)が自身の医療保護入院…
  4. 情報公開の期間延長について、文書を示して質す池川都議=21日、都議会  各会計決算特別委員会…
  5. 公営企業決算特別委員会で質疑に立つ和泉都議=14日、都議会  公営企業会計の決算特別委員会(…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る