立川市議選 共産党5人当選へ全力〈2022年6月19日号〉

 任期満了に伴う立川市議選(12日告示)は、19日投票です。定数28に対し36人が立候補し、同市議選史上まれにみる大激戦です。

 日本共産党(現有5)は、浅川修一(67)、上條彰一(65)、若木さなえ(46)、中町さとし(44)=以上現=、永元きょう子(50)、=新=の5人が立候補。5人全員当選と得票増で「自民、公明、維新などの改憲勢力に審判を下し、市民の命と暮らし第一の市政の流れを大きくしよう」と訴えています。

 主な党派別の立候補数は共産党5、自民7(現有8)、公明7(7)、立憲5(2)、維新1(0)、国民1(1)、社民1(0)、都民ファ1(0)、生活者ネット1(0)など。

杉並区長選に岸本氏

 杉並区長選が12日に告示(19日投票)され、「住民思いの杉並区長をつくる会」の岸本さとこ氏(47)=無所属新、日本共産党・立憲民主党・れいわ新選組・社民党・生活者ネット・緑の党・新社会党推薦=が立候補しました。

 岸本候補は、国際的な政策シンクタンクで研究する「公共政策の専門家」として、現区政の児童館廃止計画や、住民の合意が得られない大規模開発計画を見直し、命と暮らしを支える区政、区民と対話する区政を掲げています。

 自民、公明などの議員が推す現職の田中良氏(61)ら2氏も立候補しました。

区議補選に増田氏

 区長選と同日の杉並区議補選(改選数1、立候補9、19日投票)には、日本共産党の増田さちえ氏(52)=新=が立候補しました。

 増田氏は「コロナ禍と物価高騰から暮らしを守り、区長の不正を調査追及する共産党の議席を伸ばして」と訴えています。

〈東京民報2022年6月19日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る