【 #Web東京民報 連載】東京わがまち⑰ 関東一の大茅の輪

(江東区 亀戸浅間神社)

 6月30日ころ行われる大祓い、夏越しの祓(なごしのはらえ)は、茅の輪をくぐり健康で無事に過ごせるように願って行われる。亀戸浅間神社の茅の輪は、直径365cm、太さ30cm、外周12m。関東一の大茅の輪。一年にちなんだ大きさだ。亀戸9丁目の亀盛会の人たちが、旧中川の河川敷の茅で作る。
夕刻になると、続々と近所の人たちが集まり神社の外まで列ができる。提灯に灯がともされ、高層マンションに囲まれたこの神社は、懐かしい鎮守様のようになる。茅の輪を初めゆっくり8の字を描くように回っていた子どもたちは、跳ねるような勢いで茅の輪を回り出した。

写真・文 夏目安男

〈東京民報 2015年6月28日号より〉

※WEB版追記 写真家の夏目安男さんは2021年12月に亡くなりました。ご遺族の許可を得て、東京民報での連載「わがまち東京」をWeb版連載として掲載します

関連記事

最近の記事

  1.  喜久井町の名主夏目小兵衛の八番目の子として金之助(漱石)は生まれた(異母姉二人あり、すぐ…
  2.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  3. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  4.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  5.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る