参院選がスタート 7月10日投票 「戦争させない、暮らしに希望を」 日本共産党・志位委員長が党首第一声 新宿駅西口 

 「戦争か平和か、日本の命運がかかった選挙です」。ロシアによるウクライナ侵略という蛮行に乗じて軍拡の大合唱が起こるもとで、日本の進路が大きく問われることになった参院選(7月10日投票)。日本共産党の志位和夫委員長は、新宿駅西口で行った公示後の党首第一声で、こう訴えました(6月22日)。党首第一声では、田村智子比例代表候補、山添拓東京選挙区候補がともに訴えました。吉良よし子参院議員が司会をしました。

党首第一声で声援に応える右から、山添拓東京選挙区候補、志位委員長、田村智子比例代表候補=6月22日、新宿駅西口(新宿区)

比例代表は全国650万人、東京100万人の得票で田村智子さんを含む5人のベストチームの勝利を 

 志位委員長は「日本共産党は戦争させない、暮らしに希望をと訴えて躍進を目指します。政党を選ぶ比例代表選挙(改選数50)で日本共産党と書いていただく人を、全国で650万人、首都東京で100万人以上、広げに広げまして、縦横無尽の活躍をしている田村智子さんを含む5人のベストチーム全員の勝利を目指します」と切り出しました。

鋭い論戦力と熱いハートをもつ政治家 山添拓候補の議席は日本の宝

 そして、東京選挙区(改選数6)の山添拓候補について、「まるで法廷ドラマを見るようだという鋭い論戦力と、困っている人の気持ちをとことん代弁して頑張る、熱いハートを持っている素晴らしい政治家です。山添さんの議席は東京の宝というだけでなく、日本の宝、絶対に落とす訳にはいきません。大激戦、大接戦、どうか勝ち抜かせてください」と訴えました。

軍拡の大合唱は軍事対軍事の悪循環 逆流に正面から立ち向かう 

党首第一声で訴える志位委員長

 志位委員長は、「参院選は戦争か平和か、日本の命運がかかった選挙です。ロシアの蛮行に乗じて自民党や日本維新の会などは、敵基地攻撃、軍事費2倍、9条変えろ、という大合唱を行っています。しかし、軍拡で平和を守れるでしょうか」と問いかけました。

 そして続けます。「日本が軍拡で構えれば、相手も軍拡を加速します。軍事対軍事の悪循環に陥ってしまいます。この道が一番危険ではないでしょうか。軍事費2倍といいますが、財源はどうするのでしょうか。自民党はGDP比2%以上を公約にしながら、財源のことは一言も書いていない。2%と言えば5兆円も軍事費を増やすことになります。消費税で賄えば2%以上の増税になります。医療費負担に押しつければ、窓口負担は2倍、現役世代は3割ですが、6割負担になってしまう。年金にしわ寄せするなら、年12万円も年金が減ってしまいます」と強く警鐘を鳴らしました。

 志位委員長は演説の最後に、こう訴えました。「いままた戦前を思わせる平和を壊す翼賛政治を感じます。一連の討論会でも危機に乗じた大軍拡の流れに多くの政党が飲み込まれている。これに危機感を覚えます。日本共産党は100年の歴史に立って、こうした逆流には正面から立ち向かうことをここで堅く約束します。日本共産党の躍進こそ平和と暮らしを救う、最も確かな力となります。どうか首都東京から比例と山添さんの2つの勝利を勝ち取らせてください」。

関連記事

最近の記事

  1.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  2.  「やったー、勝訴だ」―東京地裁前で傍聴席からあふれた支援者らが、勝訴の旗を見て肩をたたき合い歓喜…
  3.  現職の小池百合子都知事に、蓮舫前参院議員が挑む都知事選は20日に告示、7月7日に投票を迎えます。…
  4. 小池都知事宛に決議を提出する参加者=6日、新宿区  東京都が防災性の向上を理由に、2025年…
  5. 職業能力開発センター授業料無料化条例案の採決=12日  都議会第2回定例会は12日、本会議を…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

Instagram

#東京民報 12月10日号4面は「東京で楽しむ星の話」。今年の #ふたご座流星群 は、8年に一度の好条件といいます。
#横田基地 に所属する特殊作戦機CV22オスプレイが11月29日午後、鹿児島県の屋久島沖で墜落しました。#オスプレイ が死亡を伴う事故を起こしたのは、日本国内では初めて。住民団体からは「私たちの頭上を飛ぶなど、とんでもない」との声が上がっています。
老舗パチンコメーカーの株式会社西陣が、従業員が救済を申し立てた東京都労働委員会(#都労委)の審問期日の12月20日に依願退職に応じない者を解雇するとの通知を送付しました。労働組合は「寒空の中、放り出すのか」として不当解雇撤回の救済を申し立てました。
「汚染が #横田基地 から流出したことは明らかだ」―都議会公営企業会計決算委で、#斉藤まりこ 都議(#日本共産党)は、都の研究所の過去の調査などをもとに、横田基地が #PFAS の主要な汚染源だと明らかにし、都に立ち入り調査を求めました。【12月3日号掲載】
東京都教育委員会が #立川高校 の夜間定時制の生徒募集を2025年度に停止する方針を打ち出したことを受けて、「#立川高校定時制の廃校に反対する会」「立川高等学校芙蓉会」(定時制同窓会)などは11月24日、JR立川駅前(立川市)で、方針撤回を求める宣伝を21人が参加して行いました。
「(知事選を前に)税金を原資に、町会・自治会を使って知事の宣伝をしているのは明らかだ」―13日の決算特別委員会で、#日本共産党 の #原田あきら 都議は、#小池百合子 知事の顔写真と名前、メッセージを掲載した都の防災啓発チラシについて追及しました。
ページ上部へ戻る