立川市議選 共産党5氏全員当選 野党第一党を維持

5人全員当選を喜ぶ市議ら=19日、立川市

 大激戦となった立川市議選(定数28)は19日投開票され、日本共産党は浅川修一、上條彰一、若木さなえ、中町さとし (以上、現)、永元きょう子(新)の全員が当選し、立川市議会の野党第一党を維持しました。公認候補を7人に絞った自民党は、現職1人が落選し、前回比2減となりました(表参照)。投票率は42.13%(前回43.54%)。

 市議選は目前の参院選の前哨戦として、各党とも重視。日本共産党は「消費税減税・やさしく強い経済政策で、物価高から生活守る」「ロシアは国連憲章守れ、憲法をいかした平和外交を」と訴えました。また、中学校全員給食の実現や国民健康保険料3年・介護保険料6年連続の値上げストップなど共産党市議団の実績を広く知らせるとともに、交通不便や通学路の危険の解決、給食費や国保料の値下げ、補聴器の購入補助などの公約を訴え、支持と共感を広げました。

 共産党立川・昭島地区委員会は「私たちは今後、掲げた公約実現に全力をつくして市政の転換をめざすとともに、参院選の比例代表の躍進、東京から2期目をめざす山添拓参院議員を必ず押し上げ、国政の転換をめざします」としています。

党派別の議席数=( )内数字は前回=は、共産5(5)、自民6(8)、公明7(7)、立民3(1)、国民1(2)、維新1(0)、都ファ1(0)、生活者ネット1(0)、社民0(0)、諸派・無3(2)。

 〈東京民報6月26日号より〉

関連記事

最近の記事

  1.  東京電力福島第一原発事故で被災し、国や東京電力に対して責任の明確化と損害賠償などを求めている全国…
  2. 記者会見でスピーキングテストの入試活用の中止を訴える保護者と英スピ議連の都議=11月24日、都庁 …
  3.  東京都は11月24日、2023年度の国民健康保険料について、国の仮係数を受けて一般会計から独自繰…
  4.  東京都交通局は11月25日、都営大江戸線に女性専用車を来年1月18日から導入すると発表しました。…
  5. 京王電鉄に要請内容を伝える参加者=11月18 日、多摩市 日本共産党の吉良よし子参院議員と米…

インスタグラム開設しました!

 

東京民報のインスタグラムを開設しました。
ぜひ、フォローをお願いします!

@tokyominpo

ページ上部へ戻る